▲ページの先頭へ

2024年07月22日

『ANA、羽田-伊丹臨時便 新幹線運転見合わせで』by「Aviation Wire」

722ANA.jpg
羽田-伊丹線の臨時便を設定するANA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire(Aviation Wire)

=>1位コメント
ANAの臨時便設定、本当に素晴らしい対応だよね。新幹線が止まったからって即座に臨時便を出してくれるのは、さすがANAって感じ。こういう迅速な対応は、他の航空会社も見習ってほしいな。自分も昔、天候不良で新幹線が止まった時にANAの臨時便に助けられたことがあるんだけど、その時もスムーズで安心感があったよ。これからもこういう柔軟なサービスを続けてほしいな。

=>2位コメント
AL派ですが
こういう機動力、対応力の出来るANAは凄い
たかが1往復ですが乗員や機材、備品や燃料など準備が必要な訳で
就航路線でJALと比べると航空機はサイズが大きいのが多いし
本当に素晴らしい
助かる人がいるのは確かです

=>3位コメント
正月に羽田で事故があった時、JR東海が臨時列車の運行をすぐに決めました
今回も新幹線の事故でANAがすぐに対応をしてくださいました
旅客業界がこうやって持ちつ持たれつの関係である事はとても良い事だと思います

=>4位コメント
新幹線の車両一編成で、航空機は5機分くらいの人数となります。
そして、今回運転見合わせとなった新幹線の本数・・・・・
100編成とかでしょうか・・・・

新幹線が全部満員というわけではありませんから、航空機で輸送人数を全て補うのなら最低100往復くらいはしないとカバーできません。

数で言えばそのような理屈になるので、「いかに新幹線の輸送力がすごいか」ということになります。

ですが、この一往復の追加でも、それで助かる方は必ずいます。
ANAの素晴らしい対応かと思いますね。

=>5位コメント
ANAは動きが速いですね。1往復ということは何とか捻出した感じでしょうか。
新幹線N700系の座席数は1300で分刻みですから、そう考えると改めて新幹線の大動脈ぶりが分かります。
そしてリニアは必要だと思います。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数615、1位コメの「共感した」数は6990。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「ANA、羽田-伊丹臨時便 新幹線運転見合わせで」7/22(月) 10:47配信のAviation Wireの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 13:04| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『東海道新幹線 きょう中の運転再開見込み立たず 復旧作業は夕方まで続く見込み』by「テレビ朝日系(ANN)」

0722新幹線2.jpg

===>Yahooエキスパートのコメント
小林拓矢:フリーライター

補足 東海道新幹線は、きょう中には運転再開の見込みは立たないようです。
エクスプレス予約にはアクセスが殺到し、すぐには接続できない状況になっています。
メールやアプリのプッシュ通知で予約変更や払い戻しについての案内が来るかと思いますので、そちらにしたがって対応してください。
紙のきっぷの場合も、きょう払戻し等をしなくても後日で問題はありません。
きょうは東海道新幹線は動かなそうので、あせって対応しなくても大丈夫です。
どうかよろしくお願いします。

=>1位コメント
新幹線が止まる度に思うが

日本列島の移動手段で
日本人が1番使用しているのが
新幹線なのだろう。
予定が狂った方もいて大変だろうが

安全第一なのと、猛暑の中
復旧作業をしている作業員は
時間と暑さとも戦っている。

日々、日本列島の移動手段にご尽力
頂き感謝します。

=>2位コメント
今日出張で関西から関東に始発から向かう予定でした。

名古屋〜静岡区間は終日不可能っぽいので、急遽北陸まで在来線で移動して北陸新幹線で向かう形になりました。

致し方ないですが、安全作業で復旧してください。

=>3位コメント
酷暑の中、復旧作業に当たられている現場の皆様に敬意を表します。熱中症警戒アラートが発令され極めて厳しい中での作業だと思います。どうか水分と塩分補給を念入りに行っていただき、体調優先と二次被害の無いように安全最優先で作業いただければと思います。

週明け月曜日での運転見合わせと言うことで、ビジネスや行楽を始めとして、多くの方々が影響を受けていると思います。大事な商談があった方、就職の面接があった方、楽しみにしていた旅行があった方と、新幹線利用客それぞれに、移動の目的があっただろうと思います。

当たり前の存在と化している東海道新幹線ですが、いざ止まったときの影響の大きさに、日本列島で普段いかに大きな移動需要に答えているのか、深く実感させられます。

東海道新幹線が早期に運転再開することを願い、利用客の方々が本来の目的地に到着できるように祈っています。

=>4位コメント
夏休みに入っていますからね。色々予定狂った方もいらっしゃるかと思います。仕事の方も予定変更やらいろいろ大変かと。
保守作業夜中にお疲れ様です。短い時間で、分刻みスケジュールの中での何らかのミスでしょう。怪我した方とかいらっしゃらないといいのですが。
いつ?と決めるのは厳しいでしょうし、収支の問題もありますが、午前中運休とか19:00〜運休とかで、保守作業に余裕とか持てるといいでしょうね。

=>5位コメント
過去に保守工事に遅延が起こり1時ほど始発が遅れた事が合ったが、今回の保守車両どうしの衝突は初めてだ?夜も暑く決められた時間の中での作業は非常に大変だと思うがくれぐれも安全第一でお願いしたい

【ヤフコメへのコメント】
コメ数1524、1位コメの「共感した」数は9600。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「東海道新幹線 きょう中の運転再開見込み立たず 復旧作業は夕方まで続く見込み」7/22(月) 9:49配信のテレビ朝日系(ANN)の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 13:01| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『【速報】東海道新幹線の一部区間で運転見合わせ 再開の見通し立たず 夕方まで復旧作業続く見込み「名古屋~浜松」の上下線 保守用車同士が衝突し脱線』by「MBSニュース」

0722新幹線.jpg

===>Yahooエキスパートのコメント
小林拓矢:フリーライター

補足 東海道新幹線は現在、運転見合わせ区間以外では「こだま」の折り返し運転で対応している。
再開は正午を予定しているが、「早くても」ということであり、多少の時間の変更はあると考えられる。
チケットレス予約の人の中には、アプリに運休等の旨お知らせが来る人も多いと思われるので、情報を確認して行動していただきたい。

===>Yahooエキスパートのコメント
梅原淳:鉄道ジャーナリスト

解説 2024(令和6)年7月22日午前9時30分現在、東海道新幹線は浜松駅~名古屋駅間が運転見合わせ中です。また、東京駅~浜松駅間は各駅停車の「こだま」、名古屋駅~新大阪駅間は各駅停車の「ひかり」「こだま」が1時間に2本程度の本数でそれぞれ折り返し運転を行っています。運転再開は少なくとも正午以降とのことで、保守用車の衝突、脱線という運転見合わせの原因を考えると夕方以降となる可能性もあるでしょう。
 平日に毎日運転の列車が314本(筆者計算)発着する東海道新幹線では、52パーセントの164本が「のぞみ」です。このため、首都圏~中京圏・京阪神圏を移動予定の方は予定をキャンセルしたほうがよいでしょう。東海道新幹線の各駅は構内が狭く、また本日は猛暑が予想されているので、駅に来るのを控えるようにとJR東海も告知しています。指定席特急券の変更、払いもどしは明日以降も可能です。安全第一でお過ごしください。

=>1位コメント
工事用の車両が脱線したとのこと。
たぶん、保線作業が終わって車両を引き上げるときに車止めを外すのを忘れたかポイントが切り替えられていなかったかじゃないかな?
以前も起きたけど、保線用の車両はかなりの重量なのでクレーン車を手配して持ち上げて戻す必要があるので時間がかかります。
学校も多くが夏休みに入り旅行者が増える時期で、かつビジネス客も多い月曜日とは何とも間が悪い。
ただ駅員に詰め寄っても再開が早くなる訳じゃないので皆さん冷静に対応してほしい

=>2位コメント
保守車両が新幹線を止めてしまうとは本末転倒ですけど、人のやることですからミスやエラーは仕方ないともいえます。
人身事故でないだけマシと思うべきですね。

さて、これから日中にかけて普段の作業とは違う作業にあたると思いますが、ここで人身事故がないように気をつけてほしいです。

事故場所は猛暑となる予報ですから作業員の熱中症も心配されます。
カンカン照りの線路上は人間の活動温度ではないですよね。

=>3位コメント
JR西日本社員です。
2010年には山陽新幹線内でも同様の事象が発生しました。その時の再開時刻が14時過ぎでした。
東海で起こるとは、あまり想像していませんでした。
周辺環境が分かりませんが、保守基地に帰すのが難しいならクレーン車を使って出すのが早いと判断するかも知れないですね。
非常に暑いですが、何とか復旧を頑張ってほしいですね。

=>4位コメント
保線作業に従事している方々も人手不足で高齢化が問題視されてきています。そのため保守用車の点検、整備、資材の積み込みなど昼夜作業していると聞きました。 

人為的ミスもあるかと思いますが寝不足や過労等はどうなのでしょうか? 

そしてその復旧にも暑い中に多くの作業員さんが駆り出されていると思います。 熱中症等気を付けて欲しいと思います。

=>5位コメント
現状ですと。東京ー浜松間で折り返し運転ですが、こだまのみで、名古屋ー新大阪はひかりものぞみも本数を減らして運転しているので、浜松から豊橋、豊橋から名古屋方面に新快速か、必ず座れる名鉄のミューチケットを購入しておいて名古屋まで行って新幹線か。北陸周りが妥当だと思います。それか飛行機に乗るか。高速バスもありますし、東海道新幹線は混雑が予想されるため、名古屋から近鉄も選択肢になると思います。
どうしても急がないと行けない人だけが移動し、そうでない人は昼過ぎに開通予定ということですが、まだ混雑するだろうから夕方の列車を選択した方が良いと思います。急がないのであればしんどい思いをして乗るよりも夕方以降の列車で普通に行った方が一番楽に行けるでしょう。混雑緩和にもなりますし。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数930、1位コメの「共感した」数は5902。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「【速報】東海道新幹線の一部区間で運転見合わせ 再開の見通し立たず 夕方まで復旧作業続く見込み「名古屋~浜松」の上下線 保守用車同士が衝突し脱線」7/22(月) 5:52配信のMBSニュースの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 12:58| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『石丸伸二氏と激論の大空幸星氏、「石丸支持者」の嫌がらせ訴える 「あなた達が偉くなった訳ではありません」』by「J-CASTニュース」

0722都知事5.jpg
大空幸星さんのポスト。「石丸支持者」からの被害を訴えている(J-CASTニュース)

=>1位コメント
大空さんと石丸さんのやり取りは観ていて面白かった。別に大空さんも石丸さんを批判するつもりもなければ、石丸さんもご自身の思いで応えていて、よい議論だったと思う。

他方、石丸さんの支持者はもっと冷静になった方がいいと思う。今回の例は完全に支持者が石丸さんの足を引っ張っている。

=>2位コメント
支援したいと思う人が応援するのは自然な事だけど、

本人が他者と意見で対立するのも自然な事だけど、

本人ではない支援者が、他者を批判したり誹謗中傷するのは論外。

私は本人じゃない、というあたりをしっかり線を引いて自覚しないとね。

=>3位コメント
石丸氏を支持してる人たちを見てると、支持者というよりかはファンという言葉がしっくり来る

支持者とファンという言葉は意味が重なる部分も多いが、ファンの方がより対象者と自己と同一化させて親近感を覚える度合いが強いと捉えている。ヤフコメしかりネット界隈では石丸氏に否定的な言説に対して、己を攻撃されたかのように強く反論する人の割合が高いように感じるし、相手の意見を一切汲み取ろうとしない姿勢は石丸氏に通ずる物がある

大空氏が指摘する通り、石丸氏と自己を切り離して等身大の自分を認識する必要があるんでしょうね。全人類に共通する課題ですが

【ヤフコメへのコメント】
コメ数305、1位コメの「共感した」数550。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。

「石丸伸二氏と激論の大空幸星氏、「石丸支持者」の嫌がらせ訴える 「あなた達が偉くなった訳ではありません」」7/22(月) 11:34配信のJ-CASTニュースの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 12:49| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「物言う女であることと、今回の選挙の勝ち負けに強い関係はない」蓮舫バッシングは女性蔑視、本当なのか…エッセイスト・トイアンナが斬る』by「みんかぶマガジン」

0722都知事.jpg

=>1位コメント
女性蔑視とは違うと思います、私が見る限り「因果応報」結果には必ず原因があります、そこに気づかれていない様子で、どんどん良くない方向に向かってしまっている気がします。

ひとつ言葉をプレゼントします「相手の心は、自分を映す鏡」です、まずは自分が変わる事が大切かも。

=>2位コメント
物言う女も色々ジャンルがあるが、蓮舫は自分は滅法打たれ弱いのに、人には感情むき出しで噛み付く。いかにも器が小さく人としても余裕が無い様や相手を徹底的に潰してやろうという気の強さ、そういう所が人相に出ちゃってる。そりゃ苦手な人は拒否反応が出ますよ。もっと建設的に物が言える人は性別関係無く受け入れられると思います。

=>3位コメント
むしろ左派系の女性の方々が「女性蔑視」をしてると思うんだよな。負けた要因は蓮舫さんの性格や過激な物言いや政策にもあったはずなのに、その批判を全部「女性蔑視」と団体するのは勘違いも甚だしいところ。例えば最初は小池さんや東京都の知事を選ぶ選挙のなのに、国政の批判とかしかしなかった。やっぱり都民はそう言うところにも嫌悪感を抱いた人も少なくない。

=>4位コメント
「物言う女」だから嫌われているのではない「物は言い様で角が立つ」が如しで物の言い方が反感を買っているのである、説得力の有る話し方なら誰もが耳を傾けるだろうが蓮舫氏は青筋を立て唾を飛ばさんばかりのケンカ腰の物言いでとても政治論争とは思いない言動と絶対引かない強硬な態度が多くの敵を作っているのである、時には引く事も寛容前に出るばかりではいずれ打ちのめされる此れは男女関係なく世の常である。

=>5位コメント
本人は男性にはされない批判をされてるとか言ってるが、批判される理由が女性だからなんて人はほとんどいないし、蓮舫氏の行いと言動が二重基準と化しているではないだろうか。
もし「私は女性だから批判をされるべきない」と思ってるのかもしれないが、「岸田総理や与党には何を言ってもやっても良い」と思っているのなら本当に政治家としての素質はないと思う。
事前運動の件を始め選挙活動中の総括や処理もせず、自分は批判に徹し、批判されるのは許さないという、その二重基準は改めるべき。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数643、1位コメの「共感した」数は1932。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「「物言う女であることと、今回の選挙の勝ち負けに強い関係はない」蓮舫バッシングは女性蔑視、本当なのか…エッセイスト・トイアンナが斬る」7/22(月) 9:10配信のみんかぶマガジンの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0722都知事2.jpg

0722都知事3.jpg

0722都知事4.jpg
posted by ber at 12:46| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『石丸伸二氏の国政進出、広島県知事選出馬の可能性は? 安芸高田市・“反石丸”の新市長は石丸氏に苦言』by「デイリー新潮」

0722石丸2.jpg

=>1位コメント
散々文句言ってる記事だけど、じゃあ一体どういう政治家が正解なんだ?
今現在、「この人に政治をやってもらってよかった!」なんて政治家いないだろう。
だったら今までと違うことやろうとしている人に期待しなければ、これから先日本は何にも変わらないと思う。
石丸さんの全てが正解ではないかもしれないけど、今までと違うことをやって日本の政治を変えようとしているところは評価されるべきだと思う。

=>2位コメント
市議を敵対視した訳ではなく、真面目に仕事はしていたと思います。
わけもわからんことに金はかけてないと思うし、市議とバチバチだったのは単純に議員としての仕事を全うしていなかったからいろいろ言ってきたようにYouTubeを見ても思えます。
是々非々でやっていたように見えました。一方的に論破したいだけの人には見えませんでした。
こーゆー何も分からず、(利権などにしがみついてる?)叩くだけの危険なメディアや政治屋を一掃できる期待はできるかなと。

=>3位コメント
石丸安芸高田市長時代から動画を見てきた人なら良く分かると思うが、地元メディアの偏向報道と議会だよりが散々切り抜きを行っておいて、今になってこの言いようかと逆に突っ込みたくなる。
新市長も後ろ盾の考えたセリフを言わされてるだけに感じる。
少なくとも安芸高田市民の半分以上は同様の考えで消滅に向けて舵を切った泥船になった事は全国的に知れ渡ってしまっている。

=>4位コメント
デイリー新潮、相変わらず石丸伸二さんを貶める記事ですね。取材している方も新安芸高田市長とか対立する方々ばかり、正直、こんな記事を誰が真に受けると思いますか?石丸伸二本人に取材出来ないから、敵対する方のみに取材する。市職員や安芸高田の市民に聞くこともせず。決して公平公正ではありませんよね。それにしても一方的な酷い記事だね。それから、石丸伸二さんは現状で無所属や既成政党の支持のもと国会議員の選挙には出ませんよ。そんなの知事選後の言動を観てみれば分かる事でしょ!
本当に的外れな記事書いてるよ。

=>5位コメント
安芸高田市の新市長の議会運営はこれからは容易に行くでしょう。
前市長の石丸さんとは真逆の手法ですからね。

ただ、その議会への媚び売りが必ずしも市民の為、未来の市民の為になっているかは全く別問題です。

議会と上手くやっている風を演出するなんて簡単な事かと。
石丸さんと真逆やれば良いんですから。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数819、1位コメの「共感した」数は3631。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「石丸伸二氏の国政進出、広島県知事選出馬の可能性は? 安芸高田市・“反石丸”の新市長は石丸氏に苦言」7/22(月) 6:07配信のデイリー新潮の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 12:42| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「石丸さんは“SNS選挙第一号”」「都市部の男性が支持」 石丸信者の正体とは』by「デイリー新潮」

0722石丸3.jpg

=>1位コメント
都市部の男性が支持、そして若い世代の投票が最多というのは
実際そうなんだろうと思う。

でも何も問題ないですよね、若い世代の一票も同じ一票なんだから。
その部分をしっかり引き出した石丸さんの戦略でしょう。

=>2位コメント
ネット番組や切抜き動画で情報を得るケースが増えるのは
今後の間違いない流れだろう。

だが切り抜き動画はマルチ商法みたいな誘導や洗脳もあるから
安易にもてはやすのは危険。
ぶっちゃけ言えばカルト宗教みたいな手法で有権者を騙すことも可能だ。

となると放送法などでオールドメディアが
一応の制約があるように
ネットの情報にも一定の法整備、テレビや新聞などに近い
選挙に対する公平性を担保する法の網掛けが必要になる。

現状ネットだからやりたい放題を許していい、
というのは選挙を歪めることになるだろう。

ネットの力が確認されたからこそ
暴走を防ぐ法整備が急務となる。

=>3位コメント
SNS選挙だの、あたかも新たな選挙のあり方みたいな報道をしていますが、
「顔の見えない」選挙ほど怖いものはないことも認識すべきです。
「顔」というのは「実態」というか、より真実に迫る姿のことです。
社会や世間でも明るみに出てきていますが、SNSの普及にともなう「犯罪」あるいは「負の一面」があります。利便性を追求するにはSNS等も有効ですが、
人間として本当に大事なことは「アナログ」でこそ分かるものです。
選挙というものは民主主義の根幹をなすものであり、人間社会において大事なことです。したがって、利便を図る部分と、利便を優先しすぎてはならない部分をしっかり見極めていくべきです。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数422、1位コメの「共感した」数は295。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。
3位コメは「うーん」数の方が多い。

「「石丸さんは“SNS選挙第一号”」「都市部の男性が支持」 石丸信者の正体とは」7/22(月) 6:06配信のデイリー新潮の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 12:40| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バイデン氏の決断尊重 英や独首相ら』by「共同通信」

0722英首相.jpg
スターマー英首相(ロイター=共同)(KYODONEWS)

===>Yahooエキスパートのコメント
白鳥浩:法政大学大学院教授/現代政治分析

解説 このバイデン大統領の、2024年大統領選からの撤退は、単に「アメリカ大統領選にバイデンが出ない」ということ以上に、今後のグローバル・ポリティックスに大きな影響を及ぼす可能性がある。
中でもヨーロッパの首脳については、この判断が今後の「21世紀のヨーロッパの戦争」であるウクライナの問題の対応に当たって、影を落とすことは必定だ。大統領選の結果、新しい政権が成立し、場合によっては政権交代ともなれば、ウクライナを支援してきたアメリカがその方針の変更もある可能性があり、あるいは最悪の場合には撤退する可能性も想定されることもあり、センシティブなものとなっている。
民主党の次の大統領候補、そして副大統領候補は、現時点では決まっていないこととなり、バイデン政権時と同様のスタンスで、ウクライナの問題についてヨーロッパに臨むのかどうか、非常に不透明なところがある。
とりあえず様子見というところだろう。

===>Yahooエキスパートのコメント
鶴岡路人:慶應義塾大学総合政策学部准教授

解説 バイデン大統領が選挙戦を継続するのか撤退するのか分からない状況が長続きすることは、同盟国にとっても避けたかったはず。欧州内にはハンガリーのオルバン首相のように明確にトランプ前大統領を支持している指導者もいるが、多くはトランプ政権の誕生に懸念を有しており、バイデン候補が「ジリ貧」になることへの不安が高まっていた。

なお、バイデン大統領は残りの任期に全力で取り組むと表明しており、実際半年残されている。あたかもバイデン政権が終わるかのようなコメントは時期尚早かもしれない。

=>1位コメント
ここまでの過程が、じいさんハラスメントみたいになっちゃったのは、ほんとに残念。また、バイデンの撤退に際して、すっとパワフルな候補者が出てこない、、民主党が若く、パワフルが将来の大統領候補を育ててこなかった。この2つは民主党執行部の大きなミステイクだろ。

今のトランプには誰が候補になっても難しいと思う。けれども、民主党としての鍵はハリスが指名するであろう後継の副大統領候補の存在だろう。米国国民はそれを見て、民主党が政権を取ったときの将来のアメリカの像を見るだろうから。ここにスーパースターを持って来れれば、多少は巻き返すことができるかもしれない。

=>2位コメント
まあ、さすがに年齢が…というところでしょうかね。
今でも、80であのように世界を飛び回り、国内でも働き回り、大統領選挙の準備もしてきた。

これは若くとも並大抵の体力ではできないことでしょう。年齢があれば勿論尚更大変ですが。
さらに精神的にも常に国の代表として何かを背負っていかなければならない。就任当初から色々言われることもありましたが、何だかんだ4年間やりきったというのは素晴らしいことだと思います。

これからはゆっくり過ごしてほしいです。

=>3位コメント
「尊重」とは言うのですが、80歳を超えた高齢者が
あと4年間も大統領の激務に耐えられるのか。
バイデン大統領は、この辺が引き際なように思います。
正直に言って、78歳のトランプがバイデン大統領を高齢だのナンだのと、
どの口が言ってるのよ?とは思いますけど。
せめて60代くらいまでの人じゃないと、大統領の職はかなり厳しいような気はしますね。

=>4位コメント
反トランプだが、バイデンでは頼りない(投票先がない)と感じている層は相当のボリュームであろう。
トランプ優位というが、受け皿が出来たことで、ハリス副大統領を積極的には支持はしないが「よりまし」的な消極的·消去法的投票行為で地殻変動が起こる可能性は充分に有り得る。

=>5位コメント
バイデンが良いか悪いか、みたいな話は置いておくとして、ハリスに候補者が変わる事が決定すれば、今度は「トランプ自身が高齢候補者」という事が浮き彫りになる。「トランプは本当に4年の任期を全うできるのか?」という新しい攻め口になるのではないか、という気がする。
候補者が高齢なのは民主党だけの問題ではなく、共和党も同じ問題を抱えているわけだから。

バイデンもトランプも一長一短あるのは間違いないが、気になるのはウクライナの情勢。トランプが大統領になれば、良くも悪くもかなり変わるのは間違いない。いい方向に着地してほしいと思いますが。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数285、1位コメの「共感した」数は524。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「バイデン氏の決断尊重 英や独首相ら」7/22(月) 6:45配信の共同通信の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 12:32| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バイデン氏推薦のハリス氏ってどんな人? 「ガラスの天井」破る象徴』by「毎日新聞」

0722ハリス.jpg
ハリス米副大統領=米ノースカロライナ州で2024年7月18日、ロイター(毎日新聞)

===>Yahooエキスパートのコメント
高橋和夫:国際政治学者/先端技術安全保障研究所会長

補足 民主党のカマラ・ハリス副大統領に注目が集まっている。順当にハリスが民主党の大統領候補指名を受ける場合には、副大統領候補は誰になるだろうか。選挙戦術的には早期に指名して、副大統領候補の知名度を少しでも高めるというのが、一つの考え方だろうか。逆に、副大統領候補の指名というのは、大きなドラマだけに、マスコミの注目を集める。そこで、できる限り、このプロセスを引き伸ばしてメディアを共和党から引き離し民主党側に引き寄せるという戦術も想定されるだろうか。
 候補としては民主党の州知事たちの名前が挙がっている。たとえばカリフォルニア州のニューサム知事だ。しかしハリスも同州の出身だ。となると激戦州のミシガンやウィスコンシンなどの知事が望ましいとの計算もある。いずれにしろ、ハリスの母方はインド系だ。また共和党の副大統領候補のバンス上院議員の夫人もインド系である。なにやらカレーの香のする辛目の選挙となりそうだ。

===>Yahooエキスパートのコメント
渡辺亮司:米州住友商事ワシントン事務所 調査部長

補足 今後、大統領選で、高齢懸念の矛先は歴代大統領候補の中で最高齢のトランプ氏(78歳)に向けられるかもしれない。ハリス氏は女性や若者、マイノリティなどの投票意欲を高めることが予想される。

最近まで、ハリス氏は副大統領としての成果は限られていた。だが、2022年の最高裁が「ロー対ウェイド判決」を覆して以降、政権内で人工妊娠中絶問題の対応で中心的な役割を担い存在感を高めた。2024年大統領選でも人工妊娠中絶問題の対応などに有権者の注目が集まれば、女性や若年層の投票を促し民主党に追い風となるであろう。

一方、ハリス氏は自らが大統領候補となった場合、2020年大統領選のバイデン氏のように、激戦州のラストベルト地域の白人労働者階級の支持を得られるかは不透明。また、組織や人をマネージする能力に欠けていることが最大の懸念として長年指摘されてきている。まずは選対本部を効果的にマネージできるかが注目。

===>Yahooエキスパートのコメント
鈴木崇弘:政策研究者、一般社団経済安全保障経営センター研究主幹

見解 やはりバイデン氏は、次期大統領選挙への出馬を辞退した。狙撃事件によりトランプ氏支持がより強固かつ広がるなか、劣勢に立たされたバイデン氏に選択の余地はなくなっていた。これにより、厳しい批判に立たされていたが、少なくも賢明な判断をした大統領としてその名を歴史に残すことにはなろう。同氏が後任大統領候補として指名したのは、ハリス副大統領だ。ハリス氏は、副大統領就任当時は大いに期待されたが、その後十分な実績を残せず、バイデン氏の評価が低下しても、有力な候補ではなかった。しかし政治はわからない。トランプ氏の評価が高まる一方で、バイデン氏への評価が急低下するなかで、後任候補に指名され、人気や支持は急上昇。トランプ側は正副大統領候補が白人男性。ハリス氏は、ジャマイカ系とインド系の女性候補。対極的な候補者だ。ハリス氏は、これを機会に大化けするかも。これらは、米国政治の健全さとダイナミズムを感じさせるものだ

=>1位コメント
ハリス副大統領は
・女性票、マイノリティ票を見込める
・トランプ氏より若い
・元検事なので追求力はある
という強みはありますが、
・バイデン大統領に任されていた移民対策などで成果を出せなかった
・副大統領就任1年後あたりにスタッフが多数辞めたという報道が複数出た
・バイデン、トランプ、ハリスの3氏に対する世論調査で1番支持率が低かった
と懸念材料もありますね。
次の世論調査に注目したいと思います。

=>2位コメント
前回のような老老対決が避けられた事は良かったと思いますが、民主党やバイデン政権はこうなる事を見越して後継者の育成に力を入れておくべきでした。
目立つ実績がないハリス氏がトランプにどこまで対抗できるのか未知数です。
今から幅広い支持を集められるかどうか完全にハリス氏の行動にかかっていると思います。
ここからの流れに注目したいです。

=>3位コメント
以前大統領候補としてハリス氏が取り上げられた頃は女性であること、黒人系であることなどで女性やマイノリティに人気が出るといわれていた。しかし彼女がアフリカ系ではなくインド系富豪の出であることなどが報じられるとその勢いが下火になった、と記憶している。いまだに黒人系でアジア系の女性であることに注目するメディアもまだあるようだが、特に行動力のある人物にも見えないし、逆に最近は対するトランプ氏が黒人系などにも人気が以前より上がっているようにも報道されているので、ハリス氏の苦戦は免れないだろう。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数788、1位コメの「共感した」数は2104。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。

「バイデン氏推薦のハリス氏ってどんな人? 「ガラスの天井」破る象徴」7/22(月) 5:31配信の毎日新聞の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 12:29| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『バイデン大統領、米大統領選からの撤退を表明 代わりの候補としてハリス副大統領を指名』by「日テレNEWS NNN」

0722バイデン2.jpg

===>Yahooエキスパートのコメント
渡辺亮司:米州住友商事ワシントン事務所 調査部長

見解 11月大統領選が「ハリス氏 対 トランプ氏」となれば、「元検察官 対 重罪犯(不倫口止め料不正会計処理事件で有罪評決)」の対決となる。仮に大統領候補のテレビ討論会が実施されれば、トランプ氏の弱みである各種司法問題が追及されること必至。

民主党の代議員のほとんどはバイデン派であるため、8月の民主党全国大会ではハリス氏が大統領候補に指名される可能性が高い。

有権者が民主党大統領候補(バイデン氏)で最も懸念していた年齢問題が、ハリス氏指名で解消される一方、ハリス氏の各種問題も今後、明るみに出てくることが予想される。

大統領選で大接戦が予想されるラストベルト地域でハリス氏の知名度は低い。共和党がハリス氏を口撃する中、共和党より先に民主党が同氏のイメージを固められるか注目。党大会から大統領選まで期間は短い。党大会前など早期に民主党がハリス氏の下で団結できるかも本選の勝敗に影響するであろう。

===>Yahooエキスパートのコメント
佐藤丙午:拓殖大学国際学部教授/海外事情研究所所長

補足 バイデン大統領がハリス副大統領を後継候補として指名することは、理解できる。ただハリス氏は、数年前まで指導者の資質に欠けるとして、2024年の大統領選挙でバイデンのチケット(パートナー)として降ろすことができないか、議論されていた人物でもある。

私自身不勉強なのかもしれないが、ハリス氏の政治的演説で印象に残るものは少なく、中南米で「アメリカに来るな、国に残れ」と演説していたことが印象深い。つまり、自身の政治信条に誠実な人物ではなく、バイデン大統領の政策の推進を後押ししていた、実務的な人物であるという印象である。

ただ、ハリス氏はヒラリー・クリントン氏に続く、女性大統領候補であり、アジア系出身の候補としても注目を集めるだろう。同時に、副大統領に誰を選ぶかもそうだが、共和党のバンス副大統領候補との対立に注目が集まりそうである。

===>Yahooエキスパートのコメント
佐々木正明:大和大学社会学部教授/ジャーナリスト

補足 ロシアのプーチン政権もすぐに「バイデン撤退」に反応した。
露下院議長のヴォロディン氏は「バイデン氏は世界中で問題が引き起こしている。自分が(大統領に)選出されないことをみると、選挙をまたずに逃亡した」
「選挙まではまだ4カ月あり、その間にも多くのことが起こる可能性がある」と述べたのは大統領府報道官のペスコフ氏
「私たちの優先事項は中央軍管区の目標(★ウクライナ軍事作戦)を達成することだ。忍耐強く、次に何が起こるかを注意深く観察する」
露軍第2軍団の副司令官を務めるアプティ・アラウディノフ氏は「バイデン氏の大統領選の撤退で、米国と西側諸国は任務を完了した。彼らはウクライナを破壊したので。最近のアフガニスタンのように、今では平然とウクライナを放棄することができる」
プーチン大統領はかつて次の米大統領は誰がいいかとの質問で「バイデン氏。より経験が豊富で予測可能な人物だ」と話したことがある。

===>Yahooエキスパートのコメント
飯塚真紀子:在米ジャーナリスト

補足 トランプ陣営は早速ハリス氏批判を展開しています。
共和党副大統領候補に指名されたバンス氏は「ジョー・バイデンは私の生涯では最悪の大統領であり、カマラ・ハリスも常に彼のそばにいた。過去4年間、彼女はバイデンの国境開放と住宅や食品の価格を押し上げた環境詐欺政策に連署した。彼女はこれらの失敗の責任をすべて負っており、バイデンの精神的能力について4年近く嘘をつき、職務を遂行できない大統領を国民に背負わせてきた」と批判。
トランプ氏は、バイデン氏よりもハリス氏の方が負かしやすいとの認識を示しましたが、トランプ陣営はこれまでのような高齢問題での批判はできなくなるため、どのような新戦略でハリス氏に対抗していくか注目されます。

=>1位コメント
バイデン大統領は賢明な判断をしたと思う。例え現在健康であっても今後4年の任期を全うできるかどうかは不安要素として余りに大きすぎる。これはトランプ氏にも言えることだろう。老いは確実に判断力を奪う。周囲がサポートすればよいとの声もあるが、最終決定権を持つものが自ら正しい判断ができなければ存在意義が無い。次の候補としてハリス副大統領を推されているが、党内で十分議論をして決めるべきだろう。

=>2位コメント
日本でも、アメリカでも、高齢化の真っ最中だが、
大統領選挙という巨大な政治の機会に、1つの「判例」を示す事例になったと思います。

老いは誰にでもおとずれるものであり、多くの関係者を巻き込むことがある。

人の上に立つ者は、自分自身の老いに敏感である必要があるし、自分がつとめた仕事を発展的に後継者へひきつぐことを日常的に考える必要があると思います。政治の世界に限ったことではない。

=>3位コメント
アメリカ軍のアフガニスタン撤退時のように何もかもが後手後手にまわり、その無様な様子を見てきたプーチンだけでなく世界中がアメリカは弱くなっていると感じ、いろいろな隙を与えてしまった。
今回の大統領選撤退の無様さも非常によく似ている。
バイデンさんはやはり賢い仕事ができない。とにかく判断が甘く遅い。そして混乱を生じさせても謝罪しない。
ウクライナ支援にしても、アメリカ大統領がこの人じゃなければもう少しはマシな結果が出ていたと思う。

=>4位コメント
今までにバイデンが集めた選挙資金はどうなるんでしょうね。
バイデン&ハリスで集めたからハリスなら使えるのか、バイデンじゃないとダメだとなるのか。
少なくともハリス以外の候補では集め直しになりますから、現実的にハリス以外の人物を指名するのは困難ではないでしょうか。

=>5位コメント
バイデン氏は潔い判断をした。
見るからに高齢による言い間違いや今後の執務について、米国民を不安に感じさせるようなことがあってはいけない。
年齢的なことはトランプ氏と3歳しか違わないのだから、やはり個人的に感じてしまう”健康不安”が最も大きいだろう。
米国大統領というのは世界の最高権力者。その重責だけでも相当なプレッシャーがかかるし、加えて健康的な問題を抱えていては身が持たない。
ここは後進に道を譲って正解だった。ゆっくり休んでもらいたい。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数1718、1位コメの「共感した」数は5071。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「バイデン大統領、米大統領選からの撤退を表明 代わりの候補としてハリス副大統領を指名」7/22(月) 3:30配信の日テレNEWS NNNの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 12:17| 時事ヤフコメ・ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする