▲ページの先頭へ

2023年12月26日

『長澤まさみ主演のドラマ「エルピス」、年末年始に一挙再放送』by「Lmaga.jp」

1226エルピス.jpg
再放送が決まったドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(カンテレ・フジテレビ系)(Lmaga.jp)

=>1位コメント
長澤さん、鈴木さんはもちろん、ゴードンも素晴らしかった。

=>2位コメント
めちゃくちゃ面白かった。ただ結構濃厚なラブシーンがちょくちょくあるので家族団らんで見ない方がよいと思う笑

=>3位コメント
このドラマに救われたな!人間関係で少し心が病んでいた時期で月曜がきて仕事に行くのが嫌でしょうがなかった。でもドラマの続きが気になって早く月曜日来い!と思えた。ドラマの感想じゃなかった...。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数16、1位コメの「共感した」数は58。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。

記事内容も一部メモ
放送スケジュールは、12月31日・昼10時~(第1話)、同日・正午~昼3時45分(第2~5話)、2024年1月2日・正午~昼2時45分(第6~8話)、3日・正午~昼2時(第9・10話)。いずれも関西ローカル放送となる。

「長澤まさみ主演のドラマ「エルピス」、年末年始に一挙再放送」12/25(月) 7:30配信のLmaga.jpの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)

2023年05月12日

『長澤まさみ、ノースリ姿の最新ショット「髪伸びてかわいい」美デコルテあらわ…橋田賞の授賞式で』by「スポーツ報知」

0512長澤まさみb.jpg

=>1位コメント
美人は何を着ても、どんな格好しても美人で可愛い。
それを地で行ってる感じの人(笑)

=>2位コメント
普通に綺麗なんだよねー
しかも、なんか色っぽい。

=>3位コメント
結局、かわいいな。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数9、1位コメの「そう思う」数は47。
「そう思う」数が多い順に3つピックアップ。

「長澤まさみ、ノースリ姿の最新ショット「髪伸びてかわいい」美デコルテあらわ…橋田賞の授賞式で」5/12(金) 6:33配信のスポーツ報知の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0512長澤まさみ.jpg

0512長澤まさみ2.jpg

2023年05月10日

『【橋田賞】長澤まさみ「テレビの世界で頑張ってきてよかった」 『エルピス』ジャーナリスト役』by「ENCOUNT」

0510長澤まさみ.jpg

=>1位コメント
この作品の長澤まさみさんを見て印象がガラリと変わりました。
とにかく素敵でした。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数1、1位コメの「そう思う」数は9。

「【橋田賞】長澤まさみ「テレビの世界で頑張ってきてよかった」 『エルピス』ジャーナリスト役」5/10(水) 18:07配信のENCOUNTの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)

2023年03月20日

『ドラマ『エルピス』で注目の華村あすか、24歳の誕生日に写真集発売 お気に入りのカットと同じ衣装で登場』by「デビュー」

華村あすか5.jpg

=>1位コメント
なんか

=>2位コメント
見てたけど
どこの誰だ?

=>3位コメント
出てたっけ?


【ヤフコメへのコメント】
コメ数7、1位コメの「そう思う」数は22。
「そう思う」数が多い順に3つピックアップ。

「ドラマ『エルピス』で注目の華村あすか、24歳の誕生日に写真集発売 お気に入りのカットと同じ衣装で登場」3/19(日) 23:29配信のデビューの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
華村あすか4.jpg

2023年03月06日

『ドラマ好きが推す「カンテレ」攻めた作品が多い訳 直近は「エルピス」を放送し、SNSでも話題を呼ぶ』

エルピス0305.jpg

===>Yahoo公式コメンテーターのコメント
武井保之:ライター, 編集者

準キー局は、キー局にはないフットワークの軽さがありながら、キー局に勝るとも劣らない制作力があり、ローカル局とは異なる制作力と予算規模がある、独自のポジションにいるテレビ局です。

そんなカンテレは、配信時代の到来によるメディアの過渡期をチャンスと捉えてグローバルマーケットを見据えています。日本発の有力なCPとして世界に名を馳せる日も近いかもしれません。

「エルピス」は近年稀に見るエンターテインメント性の高いドラマだったと感じます。世界市場で戦える作品ではないでしょうか。

===>Yahoo公式コメンテーターのコメント
徳力基彦:ブロガー/noteプロデューサー

佐野プロデューサーが、TBSからカンテレに移籍した後に、明確にインタビューで「海外も見据えたドラマ作りに舵を切る」と発言されていたのが印象的でした。
その再スタートとなった「大豆田とわ子と三人の元夫」から、佐野プロデューサーとカンテレのドラマは、着実に日本のドラマの存在感を海外に広め始めていると感じます。
今後が本当に楽しみです。

=>1位コメント
ここ最近は特に関テレのこの枠が1番面白く感じますね。アバランチも良かったですし、エルピスは衝撃的でした。あのレベルのドラマをまた見たくなりますね笑
戦争シリーズも高評価ですし、次回の天海さんの作品も脚本家さんの人も良さそうなので楽しみです。
日曜劇場、月9を超える勢いですね!

=>2位コメント
面白いじゃん、と思うとカンテレであることが今までもあったけど、その中でも「エルピス」は秀逸だった。提供する側の明確な意志を感じた。役者陣も力のある人たちだし、このドラマの意図を理解して演じている気がした。若手でも実力の有無というより、そのポテンシャルを発揮させる作品に出会ったのではと思う。
恋愛だけ見せていればとか、殺人トリックの謎解きだけでとか、視聴者を分析しきれていない気がしていたので、民放でもすごい作品ができるということを示していたと思う。

=>3位コメント
エルピスはすごくハマりました
ここ最近も何となく面白いドラマはあったけど、ハマるドラマっていうのはなかなかなくて…
でと久しぶりにハマったドラマがエルピスでした
リアルタイムと録画と何度も見ずにいられない作品でした
まだまだこういう骨太な作品を生み出してほしいです

=>4位コメント
最近だとカンテレ火9が無くなって、その枠が月10になってから、カンテレ制作のゴールデンのドラマが面白くなった気がする。
月9と言う大きな枠の後だから負けないようにと言う意識がより強くなったからこそ、アバランチやエルピス、罠の戦争のような攻めたドラマができる。

=>5位コメント
世間や業界に全く忖度せず、伝えたいテーマをそのまま作品にしている感じがして、とても意欲的だと思うしその勇気を讃えたいと思う。エルピスで、郷敦が言ってたセリフ、「正しい事をやりたいなぁ、、」というのがこのドラマの全てだと思った。正しい事をやりたいのにやれないのがこの現代。ハッとしました。
罠の戦争も面白いです。カンテレものはほんとにハズレがないです。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数334、1位コメの「そう思う」数は4135、2位コメ1895。
「そう思う」数が多い順に5つピックアップ。

「ドラマ好きが推す「カンテレ」攻めた作品が多い訳 直近は「エルピス」を放送し、SNSでも話題を呼ぶ」
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)

2023年01月05日

『「カンテレ」のドラマは凄い!…『エルピス』での“忖度ナシ”姿勢に賞賛の声と“関西での意外な評判”』by「FRIDAY」

0105長澤まさみ3.jpg

=>1位コメント
エルピスは素晴らしいドラマだった。全ての関係者に敬意と感謝を送りたい。
 準キー局という立場はそれなりに影響があるのだろう。東京キー局にも、一般の地方局にも失われた「ゆるさ」のようなものがまだ残っているのかも知れない。まあその分地元局としての忖度とかがないとは思わない。それでも東京キー局より自由に制作ができるなら今のような形での存在価値はあると思う。

=>2位コメント
良いドラマだった。
でも、疲れた。いい意味で。
思い返すと、最近見るのに疲れるドラマってなかったなぁ。
顔だけ良いジャニーズのイケメンが、何の深みもない演技で
頑張ってるドラマが主流だった。
エルピスはそんな最近のドラマ事情を鑑みてなかったところがすごいよね。
ゴードン君の演技も良かった

=>3位コメント
こういう
提案性のある良い物を作りたいという
モノづくりのスタンスがあることが一番素晴らしい
テレ東と関テレにはそれを感じる
最近の民放のテレビはこういうスタンスがなく
及び腰で忖度だらけで全く面白くない
テレビ離れを食い止めるには
こういう骨のある作品作りが大事だと思います
罠の戦争を楽しみにしています

=>4位コメント
最近のカンテレは非常にすごいと思います。
政権の闇を豪快に暴く『アバランチ』やマスコミの闇を描いた『エルピス』など攻めたストーリー構成になっていて素晴らしいと思います。
これからも、もっと攻めたドラマ制作をしてほしいです。頑張ってください。

=>5位コメント
エルピスは政権、警察、マスコミに対する批判を織り交ぜながらもそれらがストーリーに馴染んでおり、ドラマの本筋がしっかりしていることから、メッセージ性が前面に出ず純粋に楽しめた。
通常バディものは同士で意見が対立しながらも同じ目的達成のために方向性を共にして頑張るものだが、このドラマの二人は局面で事件真相追及に対する熱量やタイミングのズレがより人間的で重層的な深みとなり、特に浅川が局アナとして岸本を裏切る展開が見る側の平凡な期待をも裏切り、面白さがたまらなかった。最後にお互い邂逅するのが最終回前半のクライマックスだったが、二人の演技での集中力はハンパなく、なかなか見ることができない名シーンだったと思う。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数92、1位コメの「そう思う」数は1010。
「そう思う」数が多い順に5つピックアップ。

「「カンテレ」のドラマは凄い!…『エルピス』での“忖度ナシ”姿勢に賞賛の声と“関西での意外な評判”」1/3(火) 15:00配信のFRIDAYの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0105長澤まさみ5.jpg

『『コンフィデンスマンJP』から『エルピス』まで 長澤まさみの“魅力を共有したくなる”個性』by「リアルサウンド」

0105長澤まさみ2.jpg

=>1位コメント
今日コンフィデンスマンJPの再放送観て思ったけど、演技は上手いし、美人だし、スタイルは抜群だし何時まででも観ていられる。

=>2位コメント
2022年は鎌倉殿のナレーションにはじまり、シン・ウルトラマンで巨大化し、エルピスで完璧なニュースキャスターと精神のどん底でもがく女性の両面を演じた、長澤まさみイヤーだった。

=>3位コメント
コンフィデンスマンは精神安定剤のように疲れたときや心がモヤモヤしたり落ち込んだ時にアマプラで繰り返し見ています。ダー子も最高だけど、キングダムの長澤まさみさんも凄かった!

【ヤフコメへのコメント】
コメ数13、1位コメの「そう思う」数は70。
「そう思う」数が多い順に3つピックアップ。

「『コンフィデンスマンJP』から『エルピス』まで 長澤まさみの“魅力を共有したくなる”個性」1/2(月) 8:03配信のリアルサウンドの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0105長澤まさみ4.jpg

『長澤まさみ、上白石姉妹ら人気女優からネクストブレイク候補まで!邦画大手3社のカレンダーでチェックする今年の顔』by「MOVIE WALKER PRESS」

0105長澤まさみ.jpg

=>1位コメント
2022年は自分にとって長澤まさみという俳優の力を知った1年だった。鎌倉殿のナレーション、シン・ウルトラマンの主演俳優の一人、そして何よりエルピスのアナウンサー役。顔良し、声良しでなければならず、アナウンサーとして原稿読み、発声も完璧ではないか。19年東宝ポスターの表紙ということだが周りの人間は彼女の実力をそんなに早くから認めていたのかと驚き。

=>2位コメント
「東宝カレンダーの表紙」は一つの名誉
ポスト長澤まさみが注目されましたがまだ早いですか

=>3位コメント
素敵なお洋服

【ヤフコメへのコメント】
コメ数4、1位コメの「そう思う」数は21。

「長澤まさみ、上白石姉妹ら人気女優からネクストブレイク候補まで!邦画大手3社のカレンダーでチェックする今年の顔」1/1(日) 6:30配信のMOVIE WALKER PRESSの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)

2022年12月30日

『『エルピス』における“希望”の礎となった岸本拓朗 眞栄田郷敦が見せた俳優としての実力』by「リアルサウンド」

1227昼エルピス9.jpg

=>1位コメント
撮影終了後のコメントで長澤が真栄田に助けられたと話していたが、本音の部分もあったろう。感情が揺れ動く浅川の役は長澤にとっても難役だったのではないかと思うが、真栄田は成長し、変貌する役を演じて長澤の揺れを支える安定剤になっていたと思う。
 真栄田にとってはこれまでの代表作になるのは明らかで、この演出陣、俳優陣と仕事ができたのは一生の財産ではないか。次回作以降注目が集まると思うが、肩に力を入れすぎずに着実に成長していって欲しい。

=>2位コメント
退職に追い込まれた時の
エスカレーター落ち。とか
人生のドン底を、
いい意味でコミカル演じる事が出来るって
凄い演技力だと思います。

とにかく、
ストーリーの最初から最後まで
岸本君でした。
眞栄田郷敦さんが
岸本君を演じ切ってくれて本当に良かった。

=>3位コメント
本当に彼の演技力には驚いた。
長澤さんが主役だと思うけど、自分としてはゴードンの眼力や表情の演技がかなり印象に残った。
これからが楽しみな俳優だと思う。

=>4位コメント
岸本拓朗は眞栄田郷敦さん以外はない。
上昇志向のない若者像と思いきや、骨っぽさと苦悩、表現の振り幅は作品に大きな加速を与えたと感じます。

恵那が変化を渇望するも妥協も辞さず…、というか斎藤との関係も含む、より現実的な場所に流れていくのに対し、臆さず求道者のように変わっていく拓朗の上下動とスピード感は本当に迫力がありました。

脚本なのですがファミレスの雑炊や、絶望しているのに武田信玄に励まされ、ボコボコにひっぱたかれ、牛丼を誰よりも美味しそうに食べる…、岸本拓朗を愛さずにはいられません。

ダサくならずさらっとこういったニュアンスを入れるのは難しいと思うので、バランス感覚が鋭い人なんだろうと。脚本を完全に読み込んでいるという話も伝わります。

役になりきる憑依型が評価されやすいのですが、役と対話してビルドアップしていく新型なのかもしれませんね。

=>5位コメント
今期、一番、期待せずに見出したドラマでした。
ゴードン君も、二世俳優だし、顔もお兄ちゃんのほうが好きだしと、期待0。
でも、一番ハマって、一番楽しみなドラマになりました。
ゴードン君の演技がほんとに凄かった。これからを期待します。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数27、1位コメの「そう思う」数は428。
「そう思う」数が多い順に5つピックアップ。

「『エルピス』における“希望”の礎となった岸本拓朗 眞栄田郷敦が見せた俳優としての実力」12/29(木) 8:09配信のリアルサウンドの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)

『長澤まさみだけじゃない…大ヒット『エルピス』の「脇を固める役者たち」の“凄み”を堪能する』by「現代ビジネス」

1219エルピス5.jpg

=>1位コメント
「見事なドラマ」に同意。記事にある俳優だけでなく、刑事役の安井順平、拓朗の母役の筒井真理子、大門亨役の迫田孝也、ディレクターの滝川役の三浦貴大、登場時間は少なかったが瑛太など、出ていた俳優全てがはまり役と言っていいくらい。キャスティングと演出にきちんと時間をかければ日本の俳優はこれだけ実力がある、という見本になったと思う。また、本作は日本ではまだ珍しいインティマシー・コーディネター起用したそうだ。そこにも本作の製作陣の水準の高さが表れていると思う。

=>2位コメント
「見事なドラマ」に同意。記事にある俳優だけでなく、刑事役の安井順平、拓朗の母役の筒井真理子、大門亨役の迫田孝也、ディレクターの滝川役の三浦貴大、登場時間は少なかったが瑛太など、出ていた俳優全てがはまり役と言っていいくらい。キャスティングと演出にきちんと時間をかければ日本の俳優はこれだけ実力がある、という見本になったと思う。また、本作は日本ではまだ珍しいインティマシー・コーディネター起用したそうだ。そこにも本作の製作陣の水準の高さが表れていると思う。

=>3位コメント
久々にはまったドラマです。
テレビにガッカリさせられることが多かったここ数年で1番テレビを見直したドラマとなりました。
出ているすべての俳優たちがお互いを高め合っているような、化学反応の凄さも見応えありました。

その中でも岡部たかしさんは「このすごい俳優さんは誰?!」と検索してしまうくらいの凄み。
憎々しい演技から終盤にかけて心の底にある報道テレビマンとしての本能の表現…全てが素晴らしかったです。
眞栄田郷敦君も序盤の軽い雰囲氣がどんどん重みを増してゆく感じで、これからがとても楽しみです。

素晴らしいドラマをありがとうございました。

=>4位コメント
SNSの時代にエモもデフォルメ演技も
ないのがドラマの凄みを生んでると思う
エモという意味では浅川、岸本の恋愛はあるが
政略的であったりと影を感じさせる
更にこのドラマには息抜き時間もない
大抵のドラマには視聴者に家族や仲間等の
ほっこりシーンを見せ息抜きが出来るが
このドラマでは本音で話せない家族だったり
そもそも友達がいない登場人物だったり
友達と過去を引きずる等
暗くて息抜きにはならない
デフォルメ演技という意味では近年視聴率に
直結するバズりを意識した演出、演技が
求められるがこのドラマには怒りや哀しみは
あってもデフォルメされた演技、演出はなく
俳優陣のど直球な演技が見てる者の心に
働きかけてくる 
重くて、暗いドラマと見る人も
いるかも知れないが重厚感という言葉が
ピッタリの凄みを見せてるくれる
最後の最後は浅川、岸本、村井達の
心の息抜き場をやっと見せてくれるのも嬉しい

=>5位コメント
長澤まさみさんの演技は主役きっての全面に出てきてオーラ放って引っ張っていくところ、ストーリー展開に応じて他の俳優さんの邪魔にならず溶け込んだりするところの塩梅加減が最高に上手いと思います。
佳境を迎えるところで言うと、8話最後の眞栄田郷敦さんの演技、9話最後の岡部たかしさんの演技からの最終話で希望を見出だした長澤さんのあの演技…圧巻でした。他の俳優さん方含め、それぞれの役をしっかり受け止めて真摯に演じられていたのが凄くリアルで、配役を始めストーリーも映像も音楽も全てがマッチしていて最高の出来だと思います。個人的に映画を観ている様なハマりかたでした。9話でどうなるかと思いましたが、見事な最終話で締め括られて良かったです。人間の弱さや葛藤、そして成長、様々な心情が揺れ動いていくのも面白くて本音は終わったのが寂しくてもっと観ていたかったです。長澤さんの凛としたまっすぐな姿勢がかっこ良かったです。

=>6位コメント
全話観ました、地上波では扱いにくいテーマ
を見事に表現したドラマでした。長澤まさみ
の演技力は群を抜いています、他のキャスト
も安定した芝居を見せてくれました。個人の
描写が細かく回が進むにつれて心理的な変化が面白かったです、ただの冤罪もので終わらなかったし。これからもこうした踏み込んだ
番組が増えたら良いと思います。

=>7位コメント
長澤まさみは本当に良かった。
アナウンサー役も本当にアナウンサーなのではと思うほど違和感なかった。

ただ、浅川恵那というキャラクターはあまり好きではなかった。
その都度その都度、身近な相手に振り回されすぎで。それすらも人間のリアルというならそうなんだろうけど。

ほとんど眞栄田郷敦が主人公だったけど、それでもドラマを見るきっかけとして、長澤まさみ4年半ぶりの主演ドラマという前ふりは必要だったのでしょう。
実際、私も最初は長澤まさみにつられて見始めた。
眞栄田郷敦はこのドラマを見るまで、まだまだ若手の俳優というイメージだったから、もしも眞栄田郷敦主演だったら最初からエルピスを見ていなかったと思います。
今後は眞栄田郷敦を探してドラマを見ようと思うほど、エルピスの「岸本くん」は良かった。

=>8位コメント
私の今期はエルピスの一本勝ち。
極刑の冤罪、その裏に政治家の換喩と圧力。フィクションとはいえ、見る側が色々と想起きてしまう内容故、局側としては避けたい話だと思える。
出番は少ないが、貫禄の斎藤。若さ故、自身の正義を信じ突っ走る岸本。酸いも甘いも噛み分けてるはずの村井が壊れた瞬間。村井のスピンオフが見たくなるくらい魅力的なキャラだ。ラストも後日談をダラダラやられるよりは、サラッと流す程度で好感が持てた。ここまで完成度の高いオリジナル作品に出会えたことに感謝。

=>9位コメント
エルピスは骨太のドラマで最後まで見応えがあった。
恵那は強いとか正義感ではなく、時に弱く岸本のことも突き離す。
岸本は甘ちゃんかと思ってたら、過去の贖罪か正しい事にのめり込んでいく。
斎藤は最後までどっちを向いているのか、わからない。
村井さんチェリーさんはじめ多くの人は正しい事をしたいと何処かで思っている。
全てがスッキリしない終わり方だからこそ惹き込まれました。
3人が牛丼食べてるカット、良かった!

途中の三浦透子さんのCM「生きてて良かった〜生きてて良かった〜」ドラマにマッチしていてずっとリフレインしてます。

=>10位コメント
「まっすぐ前を向いて話だすだけで、ほんもののキャスターに見える。」
長澤まさみさんの浅川役は本当におっしゃる通りだと思いました。素晴らしかった。
村井役の岡部たかしさんは、実は朝ドラ「ひよっこ」にも出演されていたとのこと。
初めて知りました。エルピスでの演技も
素晴らしかったですね。今後も注目です。
長澤まさみさん、眞栄田郷敦さんにとっても
代表作になるような、見応えあるドラマだったようにも思います。
個人的に、エンディングのテーマ曲が毎回
楽しみでハマって見ていました。
『Mirage』いい曲だったなと思います。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数105、1位コメの「そう思う」数は1689。

「長澤まさみだけじゃない…大ヒット『エルピス』の「脇を固める役者たち」の“凄み”を堪能する」12/29(木) 8:03配信の現代ビジネスの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)