▲ページの先頭へ

2024年04月16日

『町田啓太、“父”とのツーショットを公開→「本当にお美しい親子」「雰囲気も似ていらっしゃいます」と話題に』by「BuzzFeed Japan」

0416町田啓太.jpg

=>1位コメント
町田啓太か…しかし物凄いイケメンだな。しかも身長183㎝ときた。まあ、このルックスなら俳優になるしかないわな。

=>2位コメント
町田啓太さんは美しいお顔だと思います。
でも、橋爪淳さんもかなりイケメンだったと思います。闘病で少しお痩せになってしまったけど、若い頃は素敵でした。
治療はキツいと思いますが頑張っていただきたい。

=>3位コメント
石川時代、他方からこの人を見に女子がたかっていたとか。
想像出来るほどのイケメン。

=>4位コメント
麗しいお二人
烏帽子が最高にお似合いです

=>5位コメント
橋爪淳さん、山本学さんに似てきましたね。温和な雰囲気で、なかなか得難い俳優さんと思います。
一日も早いご回復をお祈りいたします。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数11、1位コメの「共感した」数は202。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「町田啓太、“父”とのツーショットを公開→「本当にお美しい親子」「雰囲気も似ていらっしゃいます」と話題に」4/16(火) 7:30配信のBuzzFeed Japanの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0416町田啓太2.jpg
posted by ber at 20:37| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月15日

『高畑充希、2人きりで食事に行く男性芸能人明かす 週刊誌を気にせず「撮られてもいい」』by「ENCOUNT」

0415高畑充希.jpg

=>1位コメント
お父さんと娘、みたいなのなんじゃないかな。
私はそういう友情はあるのかなと思ってたけど、実のお父さんは「男からしたら、そういうのはないから気をつけなさい」と言います。
高畑充希ちゃんと吉田鋼太郎さんは別として、一般の人は気をつけたほうが良いと思う。

=>2位コメント
吉田さんと高畑さんはドラマ「東京センチメンタル」で共演されてますね。高畑さんのぶっきらぼうな店員の感じが良かったなぁ。店主(吉田さん)に臆せず文句言う感じが、年上からすると逆に心地いいというか。ムロさんに対してもそんな感じで、一緒にいて楽しいのかもしれませんね。

=>3位コメント
男女間の友情は、女性側は成り立つと思いがちだけど、男性側からするとふとした場面での女性らしさにドキッとしてしまうことが多いと思う。この二人の関係性はわからないけど、一般の男女では特に女性側は気を付けた方がいいですよ。

=>4位コメント
この番組見たけど、高畑充希がムロツヨシを”ムロシャン”と呼んでいる事を知った時、こりゃ男誰でも惚れるわって思った。きちんと妻帯者とは距離を置いているところが男前っていうか女っぷりがいい。週刊誌に食事しているところを撮られても、平気でお友達ですよと公言するだろうね。

=>5位コメント
男女の友情は成り立つと思っているが、
独り身のおじさんなら、高畑充希みたいな普通に可愛い感じの子なら、恋心は抱きそう。
が、高畑充希から見たら、単なるおじさん、年上の男友達ってなるんだろうね。それに、高畑充希なら本命の男性も居るだろう。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数130、1位コメの「共感した」数は603。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「高畑充希、2人きりで食事に行く男性芸能人明かす 週刊誌を気にせず「撮られてもいい」」4/15(月) 16:02配信のENCOUNTの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0415高畑充希2.jpg
posted by ber at 22:44| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「光る君へ」次週予告に「香炉峰の雪はいかがであろうか」でネット沸騰、一時トレンド入り』by「デイリースポーツ」

0414光君19.jpg
高畑充希((C)デイリースポーツ)

=>1位コメント
予告の『清少納言が御簾(みす)を上げるシーン』のききょうさん、「いかにも知っていますよ的」な、良い表情でしたね。

枕草子の中でも、中宮定子と清少納言の関係がよく表現された、屈指の名場面ではないでしょうか。ますます、ききょうさんは、絶好調に見えます。このドラマの中で「をかし」の世界観がどのように描かれるか楽しみです。

それに対して、まひろさんは何か大変そうですね。このような経験が源氏物語の「あはれ」の世界観に繋がるのでしょうか。来週の展開も楽しみです。

=>2位コメント
教養が無いとこういう細かな演出全部を楽しめない典型例
誰もが知る織田信長や徳川家康なら何となくでも面白いだろうけど、平安や源平、近代史は特に社会科少しでもかじってくれてたら嬉しいよね

今回の大河ドラマ、鎌倉殿に匹敵する地獄具合でスタートしたのが功を奏している

=>3位コメント
子どもの頃に読んだ児童書「清少納言」に出てきて、おばさんになった今でも、すだれを巻き上げるときに思い出します。「香炉峰の雪は、すだれをかかげて見る」ってね。
それから、「さだこ」って「ちゅうぐう ていし」だと思っていました。いろいろ間違っていたかも知れませんが、小さい頃に得た知識を今、答え合わせをする楽しみがあります。

=>4位コメント
「枕草子」は中学校では冒頭の「春はあけぼの」と「うつくしきもの」くらい(教科書や年度によってちょっと変わる)で、高校の古典でこの「香枦峰の雪」のエピソードが取り上げられてた気がする。「枕草子」の中では比較的有名な話だから、知っている人も多いはず。

=>5位コメント
枕草子も源氏物語も蜻蛉日記も、名前は知っているけど中身は全く知らない。ドラマ自体はとても好きで毎週楽しんで観ているので、ドラマでふと出てきてネットで話題になって部分的にでもこれらの物語を知れてうれしく思う。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数62、1位コメの「共感した」数は482。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「「光る君へ」次週予告に「香炉峰の雪はいかがであろうか」でネット沸騰、一時トレンド入り」4/15(月) 13:43配信のデイリースポーツの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 20:56| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『NHK大河ドラマ「光る君へ」第15話視聴率10・7% 人気タレントの“やらかし”に石山寺公式アカが反応』by「スポーツ報知」

0414光君18.jpg

=>1位コメント
今回タイトルが「おごれる者たち」だったけど、明確に驕ってるの道隆だけだと思ったから不思議だったのよね。おそらくはその息子伊周のことなんだろうけど。叔父に弓勝負を仕掛けてたし。でも「驕り」じゃなくて「若さ」な気も。
 実は伊周と見せかけて他の人の言動が実は驕りだったという伏線張ってるのかと思ったけどそれも無さそうね。

 今回地味に良かったのが、落ちぶれてワイルドになった道兼よ。織田信長みたいでめっちゃ格好良いじゃんw 似合ってるわあ。玉置玲央さんの魅力がまた一つ見られて面白かった。

=>2位コメント
「麗しく成長」が「著しく成長」に見えてしまったね
成長著しい一条天皇

=>3位コメント
石山寺のX担当さま、ナイス突っ込み!

=>4位コメント
どこまで落ちぶれるのか本当に哀れに見えます。
ヒールを演じる玉置さんがうますぎると思います。
同じ藤原姓ですが登場人物にそれぞれ癖や強すぎる個性があり興味深く拝見しております。

=>5位コメント
このドラマはチョコちょこ源氏物語の有名なシーンを入れてくるから観ててニヤニヤしてしまう。今回もまひろが外に出た時に"もしや…"と思ったら…やっぱりかい!

【ヤフコメへのコメント】
コメ数32、1位コメの「共感した」数は109。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「NHK大河ドラマ「光る君へ」第15話視聴率10・7% 人気タレントの“やらかし”に石山寺公式アカが反応」4/15(月) 11:06配信のスポーツ報知の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 13:59| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『【光る君へ】道兼の凋落ぶりに視聴者衝撃…「貧乏神みたい」「哀れ」「捨て犬化」』by「ENCOUNT」

0414光君17.jpg
藤原道兼を演じる玉置玲央【写真:(C)NHK】((C)NHK)

=>1位コメント
道兼は烏帽子を取って頭を見せているよね。
当時は頭を見られることは裸を見られるより恥ずかしいことだったはず。
自堕落な状況をさりげなく表現している演出だな。

=>2位コメント
道兼は、言葉が正しいかはわからないけど、「大好きなご主人様に可愛がってもらって尻尾を振る犬」みたいなイメージなんですよね。
兼家に認めてほしくて、ただ愛情を欲しがって、でもそれが上手くいかない。摂政の座を狙っていて、出世欲もあるだろうけど、結局「父上に認めてもらって摂政の座に就く」が本当の目的のように思います。

だから、兼家が亡くなったことで道兼は自由になれたかもしれないけど、認めてほしかった本人がいなければ、道兼の心は目指した着地点には二度と行けない。
父の期待に応えてきて、それを裏切られた単純な恨みと、最後まで認めてもらえず行き場を無くした心と、両方を抱えてどうしたら良いのか分からない感じに見えました。

初っ端からいろいろ拗らせていたし、一時の激情で人を殺しちゃったのは事実だから自業自得とも思うけど、立場が違えばきっと全然違う人生だったよねとも思います。

=>3位コメント
道兼の極官は正二位関白右大臣、そして何と言っても息子の兼隆が大弐三位、つまり紫式部の娘を妻としている。光る君へでは紫式部の母を殺害したとされてしまったけど、祖父の仇の息子に嫁ぐ大弐三位と言うのは普通はちょっと考えにくく、このあたりどう整合を取るのか大石脚本の見どころの一つと楽しみにしてる。

一方で母親は父が散位だったがために婚期が遅れた紫式部で父も早々に他界した大弐三位が(おそらく妾とは言え)関白右大臣の息子と結婚したと言うのも史実を考えると少し不思議な気がする。もしかすると何人かの人が指摘するように、大弐三位の父親は道長で父親不詳の子供を身籠ったまひろを助けるために宣孝がまひろと結婚したことにした、と言う読みは脚本的には当たってるかもしれないと思った。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数16、1位コメの「共感した」数は45。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。

「【光る君へ】道兼の凋落ぶりに視聴者衝撃…「貧乏神みたい」「哀れ」「捨て犬化」」4/15(月) 10:16配信のENCOUNTの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 13:54| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『【光る君へ】道綱の“失礼すぎる”間違いに視聴者激怒「まじでクズ」「ポンコツ全開」「最低」』by「ENCOUNT」

0414光君7.jpg
道綱(右)を演じる上地雄輔【写真:(C)NHK】((C)NHK)

===>Yahooエキスパートのコメント
渡邊大門:株式会社歴史と文化の研究所代表取締役

補足 今回の大河ドラマ「光る君へ」は、「まひろ(紫式部)」が「さわ」とともに石山寺に行く場面があった。「まひろ(紫式部)」と「さわ」は、『蜻蛉日記』の著者である藤原道綱の母と会い、妾(側室)の悲しさを語っていた。

 その際、すっかり「まひろ(紫式部)」の美しさに見とれたのが道綱だった。夜、「まひろ(紫式部)」は寝床を抜け出していたので、道綱は勘違いして「さわ」の寝床に入ってしまった。大失態である。

 ところで、道綱は自分で語っていたように、源雅信の娘、源広の娘、藤原季孝の娘、源頼光の娘、源満仲の娘と5人もの妻がいた。その間には、6人もの子をもうけていた。むろん、道綱が「まひろ(紫式部)」に夜這いしたのは、ドラマ上のフィクションであろう。

 ともあれ、のちのことになるが、道綱はあまり仕事ができなかったといわれ、弟の道長の後塵を拝することになったのである。

=>1位コメント
この場合、間違いに気づいてもそのままっていうのが光源氏だったような。場面が同じでも稀代のプレイボーイと所作(演出)が違うところが笑える。言い訳も名前間違えたら話しにならんけどな。

=>2位コメント
主役の吉高さんもXで
「あんたのせいで
このあと仲悪くなるねん
触るなって」激怒していたものね。
道綱の母は「蜻蛉日記」を著すほど歴史に名を残すほどの文才ある方だったのに、それに引き換え、、、。

=>3位コメント
この事だけで無く、仲の良い友達同士でも何気なく言った一言で仲違いする事があるから人間関係って難しいね。

=>4位コメント
源氏物語の空蝉(軒端荻)のオマージュですよね。うまい取り込み方するなぁと感心しつつ爆笑。
石山寺公式と吉高由里子のXでのツッコミにも爆笑。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数5¥6、1位コメの「共感した」数は381。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「【光る君へ】道綱の“失礼すぎる”間違いに視聴者激怒「まじでクズ」「ポンコツ全開」「最低」」4/15(月) 8:40配信のENCOUNTの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 13:51| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『<光る君へ>「指まできれいな帝」と話題 一条天皇役・塩野瑛久の“the平安美男子っぷり” 龍笛吹く姿に視聴者うっとり』by「MANTANWEB」

0414光君16.jpg
NHK大河ドラマ「光る君へ」で一条天皇を演じる塩野瑛久さん (C)NHK(MANTAN)

=>1位コメント
今回の大河は馴染みの薄い時代を扱い、視聴率は低いと思っていましたが作品としては非常に質が高い仕上がりになっていると思います。細かな描写が随所にあり、映像美が楽しめます。

=>2位コメント
今回の大河は派手な合戦シーンはないけど、身内をも陥れる権力闘争が面白い。脚本家のおかげですね。ただ、とにかく登場人物の名前が…。藤原道〇だらけで、誰が誰だか分からなくなる。

=>3位コメント
一条天皇さま、定子さんが入内した990年の1月の時点では満9歳。まだ好きなものは「お母さんと椿餅と松虫」というお子様でした。そして993年。ちょうど成長する時期が重なったことがありますが、、魅力的な定子さんと一緒に過ごすことで、精神的にも大人になったのではないでしょうか。まさに「麗しい青年」に成長したことが、ドラマの中で、とてもよく表現されていたと思います。

源氏物語で光源氏が、若紫を理想の女性に育て上げたように、定子さんは、一条天皇さまを自分の理想の男性に育て上げたのかもしれませんね。全て定子さんの意のままに。これで道隆さんは、好きなように政を進められますね。

唯一、逆らうのは、小言を言う実資さん、そして道長さん。弓比べ、大鏡とは違い、願い言いながら弓を放つと提案したのは伊周さんからでした。このドラマの道長さんの性格を反映していて良かったと思います。これからの展開が楽しみです。

=>4位コメント
大河ドラマ初めて毎週楽しみにみています。
そんな人が多いかも

=>5位コメント
一条天皇は笛が上手、音楽に宮殿内の女性はうっとり。
ききょうは、清少納言と名付けられて定子にうっとり。

一条天皇と定子は「うっとり」カップル。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数17、1位コメの「共感した」数は163。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「<光る君へ>「指まできれいな帝」と話題 一条天皇役・塩野瑛久の“the平安美男子っぷり” 龍笛吹く姿に視聴者うっとり」4/15(月) 7:11配信のMANTANWEBの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 13:46| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「光る君へ」次回予告 ついにバレる?名探偵・倫子にネット震撼「女の勘」「ホラー」まひろ&道長の絆』by「スポニチアネックス」

0414光君15.jpg
大河ドラマ「光る君へ」第13話。まひろ(吉高由里子)と4年ぶりに再会した源倫子(黒木華)が取り出したのは…(C)NHK(スポーツニッポン新聞社)

=>1位コメント
まひろと三郎(道長)の関係はソウルメイトと言われていて、当初、きっと最後までプラトニックでいくんだろうなと想っていたら…。 もうあっさりと男女の関係になって! でもその上でなお、正妻にも、妾にもならず、同志の様なソウルメイトの絆はずっと続く…という設定。 これはすごいなぁと、思いました。さすが大石さんです。 こういう男女の関係って、あっても良いですよね。 それこそ最も強い関係じゃないかなぁ。

これからほんと、楽しみですね!

=>2位コメント
倫子様のお母様もなかなか鋭い人ですからね。鋭さは母親ゆずり?
倫子様、ニコニコ微笑んでいるのに笑わない眼で、一体どこまで見透かしているのか…マジ怖すぎる。前々回の様子を見ているとまだ核心部分(道長とまひろの本心)には気づいてなさそうですが。
「まひろと倫子様の間には友情を超えた不思議な関係が築かれていく」らしいけど、女の嫉妬を超越した関係ってどういうことなんだろうと…怖いもの見たさで超楽しみにしてます。
それにしても、倫子様本当に怖いね…華ちゃん、さすがです。

=>3位コメント
倫子様と楽しくおしゃべりしていたあの頃には戻れないのかな…悲しい
明子様もなんだかんだで道長にすっかり惚れ込んでいる様子だし、この方もこの先どう出るのか気になります。
毎週とても楽しみです。
毎週目が離せない!

=>4位コメント
>まひろも疫病に感染してしまうのか。

感染するとしてもしないとしても、実在の人物、ましてや主役がここで死ぬことはないとわかっているところが大河。
それだけに直秀の死は予想できなくて衝撃だったなあ。

=>5位コメント
さわ様はちょっと気の毒だったけれど 侍従2人がホンワカしていて可愛かったな

「多分 明子様だと思うのよ(キッ」でしょうか
怖い怖い

道兼は大キライだったけれど気の毒になってる
次回あたり退場だと思うけれど 父上の呪縛から解かれた今 長生きして幸せになってほしかった

【ヤフコメへのコメント】
コメ数53、1位コメの「共感した」数は581。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「「光る君へ」次回予告 ついにバレる?名探偵・倫子にネット震撼「女の勘」「ホラー」まひろ&道長の絆」4/15(月) 6:31配信のスポニチアネックスの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 13:42| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『『光る君へ』ファーストサマーウイカの佇まいが面白い “推し”と出会った“清少納言”誕生』by「リアルサウンド」

0414光君14.jpg

===>Yahooエキスパートのコメント
渡邊大門:株式会社歴史と文化の研究所代表取締役

補足 今回の大河ドラマ「光る君へ」では、ファーストサマーウィカさんが演じる清少納言が、高畑充希さんが演じる中宮定子に仕える場面が描かれていた。その際、中宮定子は、「これから清少納言と名乗りなさい」と言っていた。

 清少納言が中宮定子のもとに出仕したのは、正暦4年(993)の冬頃だといわれている。清少納言という名には、諸説ある。「清」は「清原」(清少納言は清原元輔の娘)のことで、「少納言」は先祖の清原有雄にちなんだものという説がある。

 今回のドラマでは、中宮定子が名付けたことになっていたが、そういう説があるのも事実である。ただし、極めてレアなケースとされている。

 ともあれ、「清」は「清原」で確定だが、問題は「少納言」である。謎は深まるばかりである。

=>1位コメント
ききょう(ファーストサマーウイカ)の喜びっぷりも良かったが、それを引き立てる、中宮の定子(高畑充希)が良かった。
「定子である」「愉快である」
位の高い凛としたお姫様っぷり凄くいい。

=>2位コメント
ききょうなら好きになった男性に後先考えず猛アプローチしてその後うまくいかなくても別れてやったわ位できるでしょうけど、まひろには手の届かない遠い男性よりも自分のことを想ってくれる身近なひとが合うんだろうなと思うようになってきました。
それでも「心の中は己だけのもの」そして「書くことで己の悲しみを救った」
先輩方の言葉が導いてくれます。

=>3位コメント
ききょうさんの”推し”との出会いと、まひろさんの寧子さんとの出会い、あまりに対照的ですね。

ききょうさんらしい、空気を読めない発言を優しく包み込んでくれる定子さん。明るい日の光の下、希望に満ち溢れた瞬間。憧れの推しのすばらしさを書きたいというのが枕草子の執筆のきっかけになっていくのでしょうか。そして『枕草子』の「をかし」の精神につながるのかもしれませんね。

弟も試験に受かり、ききょうさんも志が叶いますが、停滞気味のまひろさん。寧子さんの「心と体は裏腹でございますから」の言葉に、あの夜のことが脳裏によみがえります。心で忘れようとしても、体は裏腹なのですね。そして「書くことで己の悲しみを救った」と月を眺めながら心でひとりつぶやきます。

月光の下での、先の見えないつらい瞬間。いずれ執筆のきっかけにつながっていくのかもしれませんね。そして『源氏物語』の「あはれ」に結実していくのでしょうか。

=>4位コメント
「枕草子」の「宮にはじめてまゐりたるころ」には「いとつめたきころなれば、さし出でさせたまへる御手のはつかに見ゆるが、いみじうにほひたる薄紅梅なるは、かぎりなくめでたしと」とあるので、定子の手元をクローズアップするのかな?と思っていましたが、ご尊顔を拝する形にしたあたりこのドラマらしいです。初出仕は993年冬ごろと考えられているようですが、鳥が鳴いている暖かい季節に設定したのは何か意図があるのでしょうか。
来週は「香炉峰の雪」やるみたいで、とても楽しみです!

=>5位コメント
今回が、清少納言と紫式部双方にとって憧れの人との出会いである事には気づいたが、

「書くことで自分を癒す」

というセリフが源氏物語を書く事にも繋がるのかと不覚にも気づかなかった。
この記事に感謝する。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数25、1位コメの「共感した」数は150。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「『光る君へ』ファーストサマーウイカの佇まいが面白い “推し”と出会った“清少納言”誕生」4/15(月) 6:01配信のリアルサウンドの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 13:38| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『『光る君へ』ファーストサマーウイカ、“ききょう”から“清少納言”へ 誕生の瞬間に反響「名付けキター!」』by「クランクイン!」

0414光君13.jpg

=>1位コメント
40代の私は長らく「清少・納言」か
区切らずに「清少納言」と言っていたし、学校の授業やTVなんかでもそのようなイントネーションだったと思うのですが、今回の放送で意味合いを知ると「清・少納言」が正しいですよね。

=>2位コメント
いちいち「爆誕」とか、そういう言葉を使ったコメントしか記事にしないのか?

=>3位コメント
文字起こしされた物を読むだけで涙が出てくる。
それくらい定子さまと清少納言の関係は深くて尊い。
ききょうさんは生涯に渡って定子さまに支えるのですね。

=>4位コメント
まひろがどのような経緯で「紫式部」となるのかが今から楽しみです。

=>5位コメント
初出仕したことになるのかな。
だとすると枕草子の有名な章段。
冬の夜の定子の指先はいつか出てくるといいな。
映像でみてみたい。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数18、1位コメの「共感した」数は152。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「『光る君へ』ファーストサマーウイカ、“ききょう”から“清少納言”へ 誕生の瞬間に反響「名付けキター!」」4/15(月) 6:00配信のクランクイン!の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 13:35| 【 大河ドラマ 光る君へ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする