▲ページの先頭へ

2024年02月24日

『原作者もドン引き!? 「大問題シーン」をそのまま再現してしまったアニメ4選』by「マグミクス」

0223カムイ3b.jpg

=>1位コメント
銀魂は他にも、某有名コミックや某有名アニメを、読者が心配になるくらいイジりまくって本当に楽しかったです。そしてそれをしっかりアニメ化してしまうサンライズ。
大好きな作品でした。

=>2位コメント
逆に、原作を忠実以上に再現してくれて、ファンとしては感謝してもしきれないのがジョジョ5部の対チョコラータ戦の無駄無駄ラッシュ。
原作の7ページ半に及ぶ漫画史上に残るであろう長大なぶん殴りシーンを、専属の作画班までつけて実に気合の入った無駄無駄ラッシュを見せてくれた。
最初はネタかと思われた、小野一族からの起用で小野賢章さんが起用された時、みんなこのラッシュを危ぶんでいたが、まさに杞憂だった。
普段の冷静な怒りをぶつける声もまさにジョルノそのものだったが、このアニメ史上に残る長丁場のラッシュを無事勤め上げてくれたことに感謝しかない!
小野さん、ありがとうございました。

=>3位コメント
昔のアニメの話で申し訳ないけど ザンボット3というロボット物で、当然 主人公たちは敵から地球を守っていたんだけど、最後の方で大勢の地球人から『お前らがいるせいで敵が襲ってくるんだ』と大批判されるシーンがあった。
あと人間爆弾として仲間が死ぬという話もなかったかな?
なんか子供心にショックが大きすぎて 記憶を消去しようとしたのか、今では全体のストーリーもろくに覚えていない。
覚えているのは ロボットがカッコ良かった事と、主人公の声が大山のぶ代だったことくらい。

=>4位コメント
レンホウ騒動の時はビジュアルから特定の人物を推察出来る上に話のネタが食べ物を粗末に扱う内容(かりあげにからあげをパァーンだったか)だったからそりゃアウトになるわと思いつつも凄い笑った覚えがある。

=>5位コメント
原作を改変で私が最も頭に浮かんだのはセーラームーンですかね。
あれは良い意味で改変された大好きな作品です。
オープニング冒頭から既に気合い入れまくりのムービー、アニメキャラクターのデザイン、
ちょっとおちゃらけた主人公かと思いきや、
親友を誰よりも大切にする性格がヒシヒシと肌で伝わってくるなるちゃんの恋物語、
物語の核心に迫るシリアスなシーンでの真剣な表情、
普段大泣きしているシーンとは明らかに違う本物の涙…
ところどころに散りばめられたギャグシーンとは違った一面を見せる事で、
シリアスな場面がグッと物凄い変貌を遂げ、声優さんの素晴らしいプロ根性も相まって一気にその物語に引き込まれて行く。
決して思い出補正ではない、今見ても泣ける無印の物語は誰が何と言おうが、名作です。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数89、1位コメの「共感した」数は203。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「原作者もドン引き!? 「大問題シーン」をそのまま再現してしまったアニメ4選」2/23(金) 22:05配信のマグミクスの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0223カムイ3.jpg
公式がマジでやりやがった!! 画像はTVアニメ『ゴールデンカムイ』第4期ティザービジュアル (C)野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会(マグミクス)

0223カムイ4.jpg
刃牙と梢江の濃厚な交わりが描かれた『バキ 特別編 SAGA[性]』(秋田書店)(マグミクス)
posted by ber at 12:35| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『原作になかった実写版『ゴールデンカムイ』“名場面”とは…誕生の裏に存在したアイヌ語・文化監修者による「監督に録音のしなおしをお願いしました」』by「集英社オンライン」

0223カムイ2.jpg
実写版「ゴールデンカムイ」

=>1位コメント
ヒグマやレタラ、一昔前なら着ぐるみやギミック入りの造形物で撮影したんだろうけど今はCGの発達目覚ましくレタラの表情や体毛の揺らぎまでリアルで素晴らしかった。最後にこれからの登場人物のカットがまとめて出たのでどうか続編も制作出来る様になって欲しい。

=>2位コメント
いい記事。
作り手側のこだわり、リアリティの追求とわかりやすさ、そのさじ加減に苦心したのが伝わってくる。

=>3位コメント
映画数回観に行ったけどやっぱ初回、アシリパが熊を解体する前にお祈りのポーズをするところとか原作漫画やそれに準じたアニメ版にはない動作でおおっと思いましたね
あとチタタプする時に「チタタプ」と言いながら叩くのがアイヌのしきたりという訳ではなく単にアシリパの家のローカルルールにすぎない、と言うところとか

平面上の線情報であるマンガやそれに色と動き、音を加えたアニメよりも実写の方が情報量が多いのは当然なのだけど、アイヌ語のみならずアイヌ文化の監修も入った事によって更に情報の解像度が上がったなという感じ

=>4位コメント
先日、全巻読み終えました。まるでアクション映画を観ているようなドキドキ感をもって最後まで読み終えました。
本当に素晴らしい作品だと思います。今、ロスがきているほどに。
期間中、家族で映画を観に行く予定ですが
この記事を読み、この作品に愛情をもち作り上げられた映画であると感じ、観ることが今から楽しみになりました。
ヒンナというアイヌ語もただ単に“美味しい”というだけの言葉ではないのですね。
これからは、感謝しながら使うようにします。

=>5位コメント
原作の表紙に書かれている

「天から役目なしに降ろされたものはひとつもない」

のアイヌ語が素敵です。

映画の冒頭にも出てきましたね。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数17、1位コメの「共感した」数は107。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「原作になかった実写版『ゴールデンカムイ』“名場面”とは…誕生の裏に存在したアイヌ語・文化監修者による「監督に録音のしなおしをお願いしました」」2/23(金) 12:01配信の集英社オンラインの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 12:30| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『『ゴールデンカムイ』の“カムイ”が意味するものとはそもそも何なのか? アイヌ語監修者が発見した、アイヌ文化を保存するために必要なこと』by「集英社オンライン」

0223カムイ.jpg
「ゴールデンカムイ」©️野田サトル/集英社

=>1位コメント
動植物や自然現象など「人間に不可能なことができる存在全般=カムイ」という概念に共感した
当て字の「神威」は何か違うなと思う

=>2位コメント
確かに「アイヌの文化」云々を一つ取っても「(詳細的なモノとしての)様々な文化形態」とやらg存在する以上、単に「自然(との)共生」に即した民族的な文化だけでは捉えられない側面とやらもあって。(それに未だ一部の間で囁かれ続けてる「アイヌ民族=古代期に本土方面から秘かに移住した追われ人(熊襲系?)」説を信じ込んでる勢力もチラホラと…〆)

故に「アイヌ文化」に対する研究が、従来の蔑視的思想の範疇から由来発展した「(単なる)未開的な人々」に代表される存在から「高度な精神(主義)文明から発達した独自文化の構築者」という位置付けでもって更に新たな研究成果が待たれるべきモノなのかと。

そういう点から鑑みると、アイヌ語に関する研究等に於ける外国語表記(基本英語由来のローマ字体表記)の場合ではどういった感じの表記となるかも興味深い見方も出来そうだし。

=>3位コメント
大概の人は勘違いしますが、
「カムィ」のアクセントは、
kaではなく第二音節のmuyの方です。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数4、1位コメの「共感した」数は11。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。

「『ゴールデンカムイ』の“カムイ”が意味するものとはそもそも何なのか? アイヌ語監修者が発見した、アイヌ文化を保存するために必要なこと」2/23(金) 12:01配信の集英社オンラインの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 12:25| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月23日

『山﨑賢人評は「ゴールデンカムイ」で一転 主演作「陰陽師0」も控え“映画館ジャック”まだまだ続く』by「日刊ゲンダイDIGITAL」

0222カムイ22.jpg
やるな(C)日刊ゲンダイ(日刊ゲンダイ)

=>1位コメント
こうアクスタ見るとやっぱりコンパクトで線が細いんですよ
他にガタイ良い俳優さんはいくらでもいた
それでも杉元になろうと努力してあれだけのアクションや演技を見せられたらもう体格ガーとかどうでもよくなった
ちゃんとゴールデンカムイになってた
山崎賢人ってすごいよ

=>2位コメント
山﨑さんは、キングダムで共演したアクション俳優の坂口拓さんに積極的に接触し、坂口さん主演の「狂武蔵」で共演している。
ゴールデンカムイで裸になるシーンがあるが、本気でアクションシーンのために鍛えているのがわかりましたね。
陰陽師は実写化では過去稲垣吾郎さんや野村萬斎さんが安倍晴明役をされてるし、それなりのインパクトはあったけど、この作品ではVFXメインと思いきや、脇でこれだけ演技派集めた豪華なキャストはある意味で楽しみです。

=>3位コメント
原作を読まずに映画を見ました。
キングダムも同様で、映画を見たあとに原作を読みました。
先入観なく映画を鑑賞しましたが、
山﨑賢人は、役を見事に演じていたと感じたので、今後の別作品でも、彼が主役なら自然と期待してしまいそうです。

=>4位コメント
Lみたいなカリスマ的な役とか、ドSキャラの少女漫画とかは下手な役者だと思ってたけど、元々繊細な役は上手い方だと思う。orangeとかグッド・ドクターとか陸王とか。
キングダムのシンは少年漫画のど真ん中な主人公で、元は不得意とするような役だし、最初は馴染んでなかったけど、そこも克服した。
そして、杉元。軍人だけでなく、バトル漫画とは違う一般的な感覚を持つ優しい顔も必要で、ハマり役だった。

=>5位コメント
彼の作品はゴールデンカムイしか見ていないのですが、原作主演が多いその分プレッシャーも多いし、帰ってくる反応もいい物ばかりでは無いと思います。原作主演のオファーが多いなら、それならとことんやってやるという思いなのでしょう。
主人公ってやっぱり若いキャラが多い。彼ももう直ぐ30歳、原作主演のオファーがいつまでも続くわけでもない。オファーが来る限り彼は受け続け努力するのかも知れません。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数95、1位コメの「共感した」数は753。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「山﨑賢人評は「ゴールデンカムイ」で一転 主演作「陰陽師0」も控え“映画館ジャック”まだまだ続く」2/23(金) 9:06配信の日刊ゲンダイDIGITALの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 11:12| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『井浦新“ウイルク”を演じ「夢叶い大変幸せ」 自撮りショットに「漫画から出てきたみたい」と反響<ゴールデンカムイ>』by「WEBザテレビジョン」

0222カムイ18.jpg
井浦新が自身のInstagramを更新した(※2019年ザテレビジョン撮影)

=>1位コメント
ウイルクなんて普通かけ離れるだろうが、なかなか良い。問題はソフィアか。和田アキ子でいくか

【ヤフコメへのコメント】
コメ数1、1位コメの「共感した」数は0。
1位コメは「うーん」数の方が多い。

「井浦新“ウイルク”を演じ「夢叶い大変幸せ」 自撮りショットに「漫画から出てきたみたい」と反響<ゴールデンカムイ>」2/21(水) 18:58配信のWEBザテレビジョンの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0222カムイ19.jpg
posted by ber at 11:06| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『山田杏奈、“金カム”衣装姿の寝顔ショットに反響続々「可愛すぎ」「天使」』by「モデルプレス」

0222カムイ17.jpg

=>1位コメント
確かに可愛いですけど過ぎてはいない。

=>2位コメント
僕ヤバ 観てる?

【ヤフコメへのコメント】
コメ数2、1位コメの「共感した」数は6。
1位コメは「うーん」数の方が多い。

「山田杏奈、“金カム”衣装姿の寝顔ショットに反響続々「可愛すぎ」「天使」」2/21(水) 15:13配信のモデルプレスの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0222カムイ16.jpg
posted by ber at 11:04| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『『ゴールデンカムイ』“白石由竹”矢本悠馬がレクチャー、応援上映指南ムービー公開』by「MusicVoice」

0222カムイ15.jpg
©野田サトル/集英社 ©2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会(MusicVoice)

=>1位コメント
応援上映に「前説チームでなく動画や印刷物で案内付く公式上映」は、築地東劇で今月序盤行われた「シネマ歌舞伎平成中村座『唐茄子屋 不思議国之若旦那』大向うあり上映」案内パンフレット配布実施ぐらいしか事例少ないんです

【ヤフコメへのコメント】
コメ数1、1位コメの「共感した」数は0。

「『ゴールデンカムイ』“白石由竹”矢本悠馬がレクチャー、応援上映指南ムービー公開」2/21(水) 9:12配信のMusicVoiceの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 11:00| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』が興収22.3億円のロケットスタートでNo. 1!はやくも“2024年最大ヒット”が見えてきた?』by「MOVIE WALKER PRESS」

0222カムイ14.jpg
『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』がぶっちぎりの大ヒット!([c]2024「ハイキュー!!」製作委員会 [c]古舘春一/集英社)

=>1位コメント
来週観に行く。ハイキューは1期から全部見てきた。今まで見てきたアニメの中でハイキューは1番好きな作品だ。何回見ても飽きないし、毎回同じシーンで号泣する。
映画だけでもきっと面白いんだろうと思うけど、アニメで最初から見てない人は、ゴミ捨て場の決戦までのハイキューを是非知ってほしい。1期からゴミ捨て場の決戦へいくまでを見てほしい。

=>2位コメント
初めてハイキュー見る方でもオススメです。映画スラムダンクと似てて内容は終始主人公のチームvsライバルチームとの死闘。
もちろんここまでの経緯を知ってた方がいいけれど、知らなくてもバレーの面白さや魅力は100%伝わりますし、キャラの掘り下げもしてくれます。
当たり前ですが、漫画原作より立体的で複雑な戦法やフォーメーションも分かりやすくていいと思います。

=>3位コメント
音駒戦はハイキューファンにとっては特別なものだと思う。観終わった後は決着がついてしまって寂しい気持ちにもなってしまった。もっと観ていたい試合でした。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数13、1位コメの「共感した」数は75。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

記事内容も一部メモ
以下は、1~10位までのランキング(2月16日~2月18日)
1位『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』
2位『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』
3位『「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ』
4位『ゴールデンカムイ』
5位『ボーはおそれている』
6位『身代わり忠臣蔵』
7位『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』
8位『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』
9位『夜明けのすべて』
10位『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』

「『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』が興収22.3億円のロケットスタートでNo. 1!はやくも“2024年最大ヒット”が見えてきた?」2/19(月) 20:00配信のMOVIE WALKER PRESSの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 10:58| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『実写でやれば「R指定」確実? 変態も大活躍の『ゴールデンカムイ』激ヤバ場面集』by「マグミクス」

0207カムイ.jpg
映画『ゴールデンカムイ』メインビジュアル (C)野田サトル/集英社 (C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会(マグミクス)

=>1位コメント
タイトルだけ知っていて原作やアニメは観た事無かったが、映画館で予告を観て「面白そうだな」と思い映画を観たら、凄く面白かった。続きが気になって仕方がない

=>2位コメント
姉畑先生と精子探偵がぶっちぎりだと思う
そして二階堂が被っているアレをどうするのかも気になる…やるんだったらちゃんとピンってなってほしい

=>3位コメント
映画は今日現在未見なのだが、谷垣を演じる大谷亮平さんは、個人的な脳内3D化と比べると細面で、バルク的にも少々物足りなさを感じていた。
しかし、この記事で少女団に言及しているのを読んで、TVドラマ逃げ恥に出ていた大谷さんが例の逃げ恥ダンスを踊るシーンを思い出して、考えを改めた。
あの時は、昨今マルチに活躍する俳優さんが多い上、モテるイケメンというキャラ設定も手伝って、一見難なく踊れそうなのにもかかわらず、素でダンスが苦手そうだったのが何だか逆にチャーミングで印象に残った。
きっとリアルなゲンジロちゃんを熱演してくれるに違いない。

=>4位コメント
変態すぎるキャラはなぁ。アニメは可能でも実写は省くか回想かなぁ。ラッコ鍋はやってほしいなぁ、表現演出が気になる。

=>5位コメント
まぁ変態で姉畑、猟奇で江渡貝やジャック・ザ・リッパーとかいろいろあるけど、続編で辺見や家永が出てくるんだから、全然大丈夫でしょう。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数42、1位コメの「共感した」数は76。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「実写でやれば「R指定」確実? 変態も大活躍の『ゴールデンカムイ』激ヤバ場面集」2/18(日) 19:10配信のマグミクスの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0222カムイ21.jpg
男の色気むんむんな谷垣の「チュチュ姿」は拝めるか? 画像はアニメ『ゴールデンカムイ』DVD5巻(NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)(マグミクス)

0222カムイ13.jpg
posted by ber at 10:54| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『『ゴールデンカムイ』杉元、鶴見には実名モデルがいた? 強烈キャラ達の「元ネタ」とは』by「マグミクス」

0222カムイ11.jpg
実写映画『ゴールデンカムイ』IMAXビジュアル (C)野田サトル/集英社 (C)2024映画「ゴールデンカムイ」製作委員会(マグミクス)

=>1位コメント
実際に北鎮部隊となる旭川の第七師団には、師団長に鯉登さんが実在するからね
よく、作者の方は勉強してると言うか、掘り下げている漫画だと思いますよ

=>2位コメント
つまりその曽祖父殿が無事ご帰還できたことが「ゴールデンカムイ」が世に出る事に直接繋がっているのか。スゴいな「不死身の杉元」

=>3位コメント
江戸貝君や世界ホテルも日本では無いが当時の世界的猟奇事件をモデルにしてるね。
支遁は動物学者シートンかな。
切り裂きジャックは語る間でもない。
謎は海賊房太郎かな。
誰か教えて。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数6、1位コメの「共感した」数は50。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。

「『ゴールデンカムイ』杉元、鶴見には実名モデルがいた? 強烈キャラ達の「元ネタ」とは」2/17(土) 21:10配信のマグミクスの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0222カムイ12.jpg
posted by ber at 10:48| 【 ゴールデンカムイ 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする