▲ページの先頭へ

2024年02月23日

『山田裕貴、日本アカデミー賞話題賞を受賞 『ゴジラ-1.0』『東京リベンジャーズ2』など4作で好演:第47回日本アカデミー賞』by「シネマトゥデイ」

0222ゴジラ18.jpg
画像は『ゴジラ-1.0』での山田裕貴(シネマトゥデイ)

=>1位コメント
山田裕貴は確かに映画に出まくってたのに何の賞にも絡んでなくて不憫だと感じてたので納得だし、何か嬉しい!

「どうする家康」の本多忠勝も良かった(特に晩年の演技)し「BLUE GIANT」は声優としての演技も違和感なく、本当にとても良い作品だった。JAZZにハマるきっかけとなった…。

これからも活躍してほしい!

=>2位コメント
この方=現在ロングラン公開中のゴジラ-1.0でのグリーンボーイ:小僧(=英語翻訳版ではkid )役 :自分は戦争に行ってなくて お国のために貢献していないのをコンプレックスに思っている血気盛んな役を好演しており

クライマックス前夜 ゴジラが再上陸すると判明し いよいよ明日かぁ〜!武者震いしちゃいますね〜!と興奮し 艇長の秋津(演:佐々木蔵之介)に お前は最終決戦に連れて行かない!と嗜(たしな)められ 

「オレだってこの国守りたいんです!」と絶叫する → 艇長「この国はお前らに任せた」…というシーンで いつも泣きそうになってしまう

山崎監督は 山田クンについて 光るモノがあり眼をつけていたが 偶然ゴジラ-1.0のオーディションに来たので採用した=撮影が終わったのは2021年…この若い役者さんは伸びると感じていたが 本当に活躍し出して驚いたと語ってた

本物は本物がわかるんですね

=>3位コメント
ドラマの志村けん役が凄かった。正直、発表段階ではまず無理だろうと思っていたが、加藤茶役の勝地 涼さんとの再現コントは身震いしてしまった。
若手にこんな演技派がいることを知ってうれしかった。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数4、1位コメの「共感した」数は54。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。

「山田裕貴、日本アカデミー賞話題賞を受賞 『ゴジラ-1.0』『東京リベンジャーズ2』など4作で好演:第47回日本アカデミー賞」2/23(金) 3:00配信のシネマトゥデイの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 09:49| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『北米で快進撃「ゴジラ-1.0」ヒットの“4つのカギ” TOHO Global社長の植田浩史氏にインタビュー』by「東洋経済オンライン」

0207ゴジラ3.jpg

===>Yahoo公式コメンテーターのコメント
武井保之:ライター, 編集者

解説 TOHO Global植田社長は総合商社や証券会社で海外ビジネスを手がけ、2017年に現・東宝社長の松岡宏泰氏が国際担当の取締役だった当時、同部の責任者として東宝に入社しています。それまでの海外ビジネス、プロジェクトを数多く手がけてきた経験を活かして、東宝作品の海外進出に本格的に動き出しました。
『ゴジラ-1.0』の次の作品で同じような結果を残せるかがまずは注目されます。一方、配給だけでなく、マーチャンダイジングなどライセンシー事業も同時に手がけており、IPの最大化によるリターンを最終的な目標にします。配給ばかりが注目されがちですが、IPをどう成長させたかという視点でこれからの成果に期待したいところです。

=>1位コメント
ゴジラ-1.0の上映前 日比谷でプロモーション的な事をやっていたが 前作のシンがアレだったので全く期待しないで11月の第二週に観に行った

驚愕! 以降ヘビロテしてます 特撮嫌いなヨメも5回観てます

山崎監督が ルーカスフィルムに呼ばれて アカデミーノミネート関係者パーティーでスピルバーグ監督にゴジラ-1.0を3回観た って絶賛された…

ゴジラ自身の高レベルの出来と
キャラ立ちまくりのキャスト陣と
何箇所もある泣き所と
白組VFXのコスパの良さと
あの伊福部昭サウンドと震電の時の荘厳な音楽と

特にストーリーが日本と日本人のドン底からの再生の物語だから 世界中の観客の魂に刺さりまくるし…

また メイキングのYouTubeを観たけど VFX+特撮のハイブリッドで これまた驚愕した まさかこんな風に!撮ってたんだ と…

ゴジラ復活 万歳!

あ 明日も観に行きますが何か?

=>2位コメント
日本は脚本が良いから映像やアクションさえ良くなれば売れますよ
半地下の家族は10億円払ってアカデミー賞もらっても売上67億円ですが、ゴジラは普通に上映して85億円です

日本映画のリメイクが引っ張りだこです
中国でもボクサーの日本リメイク映画が500億円と大ヒットしました

韓国は学生が書いたような浅い作品ばかりで大人にはきつい

=>3位コメント
「内容の善し悪しの前に『売れる環境』が整った(意訳」
と言う経営側の視点での説明は面白かったです。

「そうか、字幕付きに違和感を感じないアメリカ人が増えたのか」
と、新鮮でした。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数5、1位コメの「共感した」数は39。

記事内容も一部メモ
そんな記録的北米ヒットの要因を、植田氏は4つ挙げる。

 「ひとつは、ゴジラというキャラクターのファンの土壌ができあがっていたこと。高い認知度を含めて北米での下地を築いてこられた先人に感謝しなければなりません。2つ目は、山崎貴監督による作品のすばらしさ。この作品力がもっとも大きな要素です。

 3つ目は、全米脚本家組合と全米映画俳優組合のストライキがあったことで、本来であればクリスマス前の有力作品が立て込む時期に作品数が少なかったこと。大作を求める劇場のニーズにうまく組み込めました。

 最後の4つ目が、Toho Internationalによる自社配給です。劇場ブッキングに限らず、eコマースも含めてゴジラファンと双方向コミュニケーションを大切にしてきた歴史を活かして、戦略的にファンとのつながりを作っていきました」

「北米で快進撃「ゴジラ-1.0」ヒットの“4つのカギ” TOHO Global社長の植田浩史氏にインタビュー」2/22(木) 10:21配信の東洋経済オンラインの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 09:45| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『第96回アカデミー賞視覚効果賞ノミネート! 映画『ゴジラ-1.0』山崎貴監督が自ら舞台裏を解説』by「otocoto」

0207ゴジラ3.jpg

=>1位コメント
映画館で-1.0を3回、-1.0/Cを1回見ました
もちろんVFXは凄かったのですが、素晴らしい人間ドラマに最適化されていた事でゴジラの怖さが最大限に引き出されているのがとても良かったです
私の中ではゴジラ映画のNo.1です!

=>2位コメント
とにかくこの視覚効果賞はハリウッド作品以外が受賞したことは過去一度もないのです。もし受賞すれば歴史的快挙です!

=>3位コメント
カラー版,モノクロ版,4DX版をそれぞれ見ましたが,近隣にIMAX版の施設が無いのでとうとう観れませんでした。
アカデミー賞を獲ったらIMAX版の再上映を熱望しています

=>4位コメント
ゴジラ-1·0の低予算であの迫力あるVFXの視覚効果技術は必ず米国アカデミー賞視覚効果賞を受賞すると信じています。

=>5位コメント
映画祭授賞式にゴジラを持って出席する監督が面白い

是非オスカーとゴジラを両手に持ってポーズ取って欲しい。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数25、1位コメの「共感した」数は106。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「第96回アカデミー賞視覚効果賞ノミネート! 映画『ゴジラ-1.0』山崎貴監督が自ら舞台裏を解説」2/21(水) 18:27配信のotocotoの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 09:42| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『『ゴジラ-1.0』にあってハリウッド版に足りないものは? 宮下兼史鷹が“泳ぐゴジラ”に感動』by「リアルサウンド」

0222ゴジラ17.jpg

=>1位コメント
今までの神木隆之介の役柄って笑顔がある明るい役柄が多かったけど、今回は戦争が終結した後の深いトラウマを抱えた暗くて重い役を演じていた
笑顔はなく、ささやかな幸せを願っても戦争で受けた心の傷を癒すことができない、背負っている罪から逃げることができない、 
すごく感情移入ができて、もしかしたらゴジラが現れなくても物語として成立するんじゃないかというほどのクオリティだった
何度か観に行っているけど、何度観てもまた観たくなるほどの映画でした

=>2位コメント
ゴジラの最後に熱線放とうとする瞬間はマジで恐かった。

=>3位コメント
>印象に残っているのが“泳ぐゴジラ”ですね。これまでの作品でもゴジラが水中から現れる描写はよくありましたが、海の中でも地面に足がついている印象があったんです

→水中を泳ぐゴジラは「VSビオランテ」で描写されたことがあるにはあるんだよね。
今回のゴジラだと「米軍が撮影したゴジラが背びれだけを出して泳いでいる写真」も出てきたけど、これに似た描写はアメリカのモンスター・バース版のゴジラにもあり、山﨑貴監督はアメリカ版との世界観共有も視野に入れてるのではと思った。

=>4位コメント
マイゴジに感動人の意見としてとても共感できるインタビューでしたね。ほぼ全てが集約されてるようでした。ゴジラファンではなかった私も岡田さんやだいちゃんさんなど何人か高評価レビューしてた動画見て興味持って見に行ったらとにかく感動して4DX含めて何回も見てしまった口です。ネガティブな意見してる自称も含めた映画評論家達の意見は見ると概ね「日本は戦時中、周辺国を植民地化したり迷惑かけた加害者なんだから戦中戦後の日本人を被害者のように美化するな」的な要は左巻き達がよく言う思想なんだとわかりました。中にはヤマト三丁目アルキメデス永遠のゼロなどや百田作品までケチ付けて「山本監督はもう映画を撮るな」などと言ってる人も。批判してた戦後の人間ドラマが実は世界で評価されアカデミー関係者から「素晴らしい、何ならゴジラいなくてもいい」とまで言われてるんだから皮肉なもんです笑

=>5位コメント
民間人の被害なら初代ゴジラの野戦病院は強く印象に残っていますね
頑なな芹沢博士の心を動かしたぐらいですから
ハリウッド版は怪獣プロレスですからいくら映像技術が高くてもね

【ヤフコメへのコメント】
コメ数20、1位コメの「共感した」数は85。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「『ゴジラ-1.0』にあってハリウッド版に足りないものは? 宮下兼史鷹が“泳ぐゴジラ”に感動」2/21(水) 12:10配信のリアルサウンドの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 09:36| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『『ジュラシック・ワールド』新作、『GODZILLA ゴジラ』ギャレス・エドワーズが監督へ!』by「シネマトゥデイ」

0222ゴジラ16.jpg
『GODZILLA ゴジラ』のギャレス・エドワーズ監督 - Dave M. Benett / WireImage / Getty Images(シネマトゥデイ)

=>1位コメント
ジュラシックワールドって3部作じゃなかったんだ。大丈夫か?新たなる支配者相当アレだったけど

=>2位コメント
えっ!
マジか?
ギャレス・エドワーズか。。。
ジュラシックワールドって終わったんじゃないか?
と、観たいと思ってなかったけどギャレス・エドワーズが監督なら観たいかも。

ゴジラはなかなか面白かったし、スターウォーズのエピソード7〜9の余りの酷さにスターウォーズは終わったと見切りを付けていたら、「ローグワン」が素晴らしくて、スターウォーズを助けた人物だから、つまらない映画にはならないと思う。

=>3位コメント
パーク1のワクワクドキドキ
ワールド1の施設が完成した感動
毎回1は素晴らしいが2,3と盛り下がるシリーズ
今度もリブート1作目なら期待してしまう

【ヤフコメへのコメント】
コメ数10、1位コメの「共感した」数は12。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。

「『ジュラシック・ワールド』新作、『GODZILLA ゴジラ』ギャレス・エドワーズが監督へ!」2/21(水) 10:13配信のシネマトゥデイの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 09:33| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『【巨人】4月24日、25日の中日戦で「ゴジラ55」企画を実施』by「スポーツ報知」

0222ゴジラ15.jpg
「ゴジラ55」企画を実施(球団提供)(報知新聞社)

=>1位コメント
松井さんトリビュート企画かと思いきや本家ゴジラとのコラボなんですね。

=>2位コメント
秋広はちゃんと一軍に居ろよw

=>3位コメント
だったら背番号55番にちなんで5月5日にやればいいのに…。

【ヤフコメへのコメント】
コメ数6、1位コメの「共感した」数は26。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。

「【巨人】4月24日、25日の中日戦で「ゴジラ55」企画を実施」2/20(火) 17:49配信のスポーツ報知の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 09:29| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『宮崎駿作品と「ゴジラ-1.0」アメリカZ世代にどう映ったのか? アカデミー賞の行方は?』by「TOKYO FM+」

0222ゴジラ14.jpg
※写真はイメージです

=>1位コメント
作品を見てみたら、すばらしい人間ドラマだと評されている。数人の見ていない者の、ゴジラはオワコンだというような意見は、意味がない。オワコン説をくつがえしたのが、ゴジラ-1.0。悪意すら感じる。

=>2位コメント
ゴジラに批判的な意見あるけど封切当初も日本の評論家達もほぼ似たようなもんて酷評だらけだった。特に神木くん浜辺さんと明子ちゃんの人間ドラマや日本軍や特攻、当時の日本人を加害者のくせに被害者面すんな、という人多かった。くさい、いらないとかね。ところが世界で評価されてるのが実はその人間ドラマ部分。「何ならゴジラいなくてもいい」とまでアカデミー賞関係者達が発言してる。日本人の感想、視点がいかに世界とずれてるか、そしてそんなのに合わせた映画のおかげで「日本のエンタメはオワコン」なになったのか、よくわかる話。パラサイトは10億かけてロビー活動して票を取ったのはもうバレてる。日本らしい映画の代表がゴジラだったのを認めたくない、日本の映画ドラマはオワコン、言いたい人には世界でヒットした事や世界の映画関係者から賛美されてるのは面白くない事だろうね

=>3位コメント
結局、ゴジラ見てないんかい!?
Z世代は…と言いながら「君たちはどう生きるか?」も3人が見ただけ。この3人がどう選ばれたかもわからないし… 
何にせよ、ゴジラ見てない3人の適当なおしゃべりで「アメリカZ世代にどう映ったのか?」というタイトルは、釣り以外の何物でもない。ゴジラに関心がないのもZ世代の多数意見だというなら、そう受け取れるタイトルにしてよ

=>4位コメント
さすがに数人の意見をアメリカの若者全体の意見と考えるのは無理があるでしょ。
記事にもあるように

Instagramを見てると、ストーリーとストーリーの間に広告が挟まれることがあるよね。その広告が全部、この映画の宣伝だった。だから「観てみようかな。10年ぶりの宮崎アニメだし」と思った。

ここまで宣伝&有名俳優による吹き替え版まで用意しても、ゴジラほどは客は入らなかったというのが現実。

実は宮崎駿って今までアメリカで売れた映画はないんですよ。
千と千尋でも1375万ドル。
ジブリで一番売れた作品も宮崎作品でなく借りぐらしのアリエッティ。
君たちはどう生きるかがアメリカで初めて売れた作品。

アメリカで、しかも若い世代で宮崎駿を知っているとなるとZ世代というよりアニメオタクじゃないのかな?

=>5位コメント
アメリカの場合、ベトナム帰還兵とか、最近だとイラク戦争帰還兵の問題があるから、主人公が第二次世界大戦からの帰還兵って事もあり、アメリカで当たった理由なんじゃないかな?

【ヤフコメへのコメント】
コメ数27、1位コメの「共感した」数は63。
「共感した」数が多い順に5つピックアップ。

「宮崎駿作品と「ゴジラ-1.0」アメリカZ世代にどう映ったのか? アカデミー賞の行方は?」2/19(月) 21:50配信のTOKYO FM+の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 09:26| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「ゴジラ-1.0」製作陣が第43回藤本賞に輝く、「PERFECT DAYS」「ゲゲゲの謎」も受賞』by「映画ナタリー」

0222ゴジラ13.jpg
「ゴジラ-1.0」ポスタービジュアル (c)2023 TOHO CO., LTD.(COPYRIGHT (C) Natasha All Rights Reserved.)

=>1位コメント
歴代ゴジラ、ずっと観てきてます。
今回も以前同様に、俗に「怪獣映画」の括りで観に行ったんです。
が、上映も後半になって、ふと自分が涙してるのに気付いたんです (≧▽≦)
年をとって涙腺が敏感になった訳じゃないんです。
心の底から感動してたんです!

こんなこと初めてです。
ゴジラ映画で涙しました!
自分にとっては名作中の名作です♪
もう一生忘れません.....

=>2位コメント
海外公開後 山崎監督が ルーカスフィルムスタジオ?に呼ばれて先方のVFXチームと自身の「ゴジラ-1.0」を鑑賞し

アカデミーノミネート関係者パーティーではスピルバーグ監督に「ゴジラ-1.0」を3回観た って言われて

今度は藤本賞…

あのゴジラ自身の高レベルの出来と
全員=キャラ立ちまくりのキャスト陣と
何回も泣ける箇所のあるストーリーと
白組VFXのコスパの良さと
あの伊福部昭サウンドと震電の時の荘厳な音楽なら

2023 邦画No.1は当然ですか…

また メイキングのYouTubeを観たけど 最新VFX+古き良き特撮のハイブリッドで これまた驚愕した こんな風に撮ってたんですか…!

コレなら エイリアン2 や ターミネーター2みたいに「ゴジラ-2.0」を期待しちゃってもいいのかな…?

=>3位コメント
「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」で新人賞を受賞した内藤圭祐氏は、これまで「ドラゴンクエスト ダイの大冒険(2020年版)」「HUGっと!プリキュア」「魔法つかいプリキュア!」等のプロデューサーを務めた方

【ヤフコメへのコメント】
コメ数7、1位コメの「共感した」数は58。

「「ゴジラ-1.0」製作陣が第43回藤本賞に輝く、「PERFECT DAYS」「ゲゲゲの謎」も受賞」2/19(月) 12:00配信の映画ナタリーの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 09:22| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『山田裕貴、神木隆之介から送られたまさかの“推し活”ショット!「まじで笑いました ありがとう」』by「スポーツ報知」

0222ゴジラ11.jpg

=>1位コメント
神木くん ホントに和ませるなぁ〜。初顔合わせでも、以前からの知り合いの様に懐に入る人間性って良いなぁ。苦手な人もいるだろうけれど(入るのも入られるのも)

=>2位コメント
ホント!神木君ひと柄が可愛すぎる!

【ヤフコメへのコメント】
コメ数2、1位コメの「共感した」数は49。

「山田裕貴、神木隆之介から送られたまさかの“推し活”ショット!「まじで笑いました ありがとう」」2/18(日) 14:30配信のスポーツ報知の記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
0222ゴジラ12.jpg
posted by ber at 09:19| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アカデミー賞視覚効果賞ノミネート「ゴジラ-1.0」山崎貴監督、制作舞台裏を語る 米・ロサンゼルス』by「日テレNEWS NNN」

0222ゴジラ10.jpg

=>1位コメント
賞獲得しちゃう気がする。
候補作品はどれも視覚効果が凄いことはノミネートの前提としては当然なので、あとはそのバックグラウンドが如何に評価されるか。となれば業界を騒然とさせたローコストハイクオリティ制作の点はポイントが高いはず。

=>2位コメント
純粋にVFXだけ見たら最大のライバルと言われてる「クリエイター創造者」の方がレベルが高い。でも低人数・低予算であれだけのものを作り上げた「ゴジラ-1.0」も凄いし、アカデミーの会員が果してどちらに重点を置いて審査するか興味深い。

=>3位コメント
知り合いがVFXをやってるのだが、この白組スタッフの中に以前別会社でパワハラやってた人がいたと言っていた。パワハラで人をしこたま傷つけた奴が何食わぬ顔で仕事を続けてる。残念すぎる

CG,VFX,映像業界は相当なブラックらしいよ。長時間労働、残業代未払い当たり前だとさ。このように日本のVFXが話題になった反面、これから問題が色々と表面化してくるんじゃないかな。実は白組さんも相当前だけど仕事中に亡くなった人がいたらしい。それから労働環境は改善されたみたいだけど。知人曰く、業界内では色々と噂が広がるから知ってる人は知ってるけど、新しく入ってくる人達、特に社会人経験の浅い若人はどこが最底辺のブラックな職場かなんて分からないよね。ヤバい所は色々とあるようなので、仕事したいと思ってる人達は職場選びは慎重に。なるべく大きな会社を選んだほうがいい、CG,VFXは金がかかるから、とのことでした

【ヤフコメへのコメント】
コメ数14、1位コメの「共感した」数は43。
「共感した」数が多い順に3つピックアップ。
3位コメは「うーん」数の方が多い。

「アカデミー賞視覚効果賞ノミネート「ゴジラ-1.0」山崎貴監督、制作舞台裏を語る 米・ロサンゼルス」2/17(土) 19:37配信の日テレNEWS NNNの記事。
(尚、このニュースはこちら:消えていれば削除されていますのでご了承ください。)
posted by ber at 09:13| 【 ゴジラ-1.0 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする